日本の花火職人は世界一?

夏の夜空をいろどる名物といえば花火でしょう。日本の各地では花火大会が行われており夜空をいろどります。この花火を売り上げるのが花火職人の手によるものです。花火職人は日本が世界にほこる伝統芸能のひとつです。


なぜ世界一なのか

いまや日本の花火職人は日本だけでなく世界をまたにかけて活躍しています。なぜ日本の花火が世界一なのでしょうか。まず、花火というのは夜空にきれいに円形に拡がるように咲かなければいけません。これには、花火玉と呼ばれる小さい玉を、ひとつひとつつめていかなければいけません。火薬の種類によって色の変化が起こるため、実際にうちあげて爆発した時にどのような姿となるかを、描いてから花火を作り上げることになります。そのため、花火作りは基本的にすべて手作業でやらなければならず、機械などでは行えません。手先が器用な日本人ならではの技術であるといえるでしょう。

世界の花火は?

それでは日本以外の花火はどのようなものがあるのでしょうか。初期の花火は、運動会の時に打ち上げられるような音の大きさを競う祝砲としての花火であったようです。その後、火薬の製造技術や調合技術が発達するにしたがって、あざやかな花火のデザインが作られるようになったのです。日本でも、16世紀に鉄砲と火薬が伝来するにしたがって、独自の花火技術が発達し、江戸時代には現在と同じようなあざやかな花火が夜空をいろどっていました。

「夏の定番映画「打ち上げ花火」とは?」の詳細を調べる

    
コメント