自己啓発

  • 自己肯定感を高める

    仕事やプライベートなど、さまざまな困難が人の前には立ちはだかります。それをどのように乗り越えていくのか、さらにはちょっとしたことでも動じないようなメンタルを作り上げていくにはどうすればいいのか、そこは生きていく上では大きなポイントであると言えるでしょう。なによりも大事なキーワードこそが自己肯定感です。Feeling positive

  • 人望が集まる人の考え方とは?

    人望がある人とない人がいます。この違いはどういったものでしょうか。仕事ができるから、良い学歴を持っているから、そうした理由はあくまで副次的なものにすぎません。人望がある人というのはどういう考え方をしているのでしょうか。それに向き合ってみることで、見えてくるものがあると言えるでしょう。

  • 30代で人生を逆転させる勉強法とは?

    30代というのは一般的にはどういった年代として記録されるでしょうか。会社員生活を続けていくならば、15年ほどが経っているわけですから、何かしらの責任ある役職を任されるといったこともあるでしょう。ここから大きく人生を変えていくことというのは、一般的には難しいとされていますね。

  • 習慣力の重要さ

    習慣とはなかなか侮れないものです。日々の習慣がその人を形作ると言っても過言ではありません。

  • 人生を変える80:20の法則とは?

    人生にはさまざまな法則があります。もちろん、それは後付けで生み出されたものだとしても、数多くの人が経験する中である程度規則性や法則といったものが抽出されるのではないでしょうか。

  • 変われない自分を変えるには?

    自分の嫌なところ、欠点と言えるところがある、それをなんとかして変えたいと思う人は多いかもしれません。しかしながら、それはなかなか変えられないものです。変えようとして無理をしてしまい、さらに窮地に陥ってしまう、そうした経験をした人もいるのではないでしょうか。

  • シンプルなのにうまくいく方法とは

    上手くいく方法がないものかと悩む人は多いでしょう。そうした時に陥りがちなのは、思考がどんどんループしていってしまい、最後は複雑になってしまうものです。しかし、こうした時に重要なのは、いかにシンプルに考えていくかといった引き算の思考ではないでしょうか。そうしたことによって、すっと見えてくるものがあるのではないでしょうか。

  • 振り返り手帳術とは

    手帳術やノート術に関する本は多く出版されていますが、そのどれもが著者独自のノウハウを記したものとなっています。そのため、自分にぴったり合うこともあるのですが、場合によってはしっくりこない部分があるということも多いのではないでしょうか。

  • 自分の最高値を見つけよう

    自分の最高値はどこにあるのでしょうか。もっと自分は評価されても良いはずだというもどかしい思いを抱えている人は多いかもしれません。確かにあなたには力があるのかもしれませんが、それに世間は気づいていないだけ、といったこともあるでしょう。自分の最高値をどのように把握して売り込むのかといったことは重要です。

  • 論語で生きる力を身につける

    論語は、中国において孔子とその弟子たちが孔子の教えを言葉にしたものです。その言葉は倫理、道徳的なものであり、日本文化、日本人との親和性も高いと言えるでしょう。

  • 属さない勇気を持とう

    どこかへ所属するというのは、人にとって安心材料です。これは学校や会社といった社会的な組織であっても良いですし、家族や友人などの共同体のほか、地域の趣味のサークルやコミュニティなども含まれます。多くの人がどこかに所属する一方で、どこにも所属のない人が珍しがられるのは、日本という国の特徴だといえるでしょう。

  • 自分のことをまずは考えよう

    会社員生活を送るにあたって、周りに合わせていく協調性は必要な能力とされています。しかしながら、そうした環境においては自らの個性といったものが埋没していってしまう可能性もあります。

  • 自分をステップで成長させる

    今の自分の生活を変えたい、新しい自分になりたい、そう願う人は少なくないでしょう。しかしながら、なかなか思うようにはいかないものです。さらに、急激に世界が変わるわけでもありません。太っている人が、一夜にして太らないように、徐々に変わっていくというのが実際のところでしょう。

  • 手帳術で人生を変える

    スマートフォンやタブレットをはじめITガジェットが充実した現在、アナログの手帳は時代遅れのように見えます。しかし、ぱっと開いてすぐに文章を書き込める手帳は便利なものです。さらに手帳は、つねに身近に持ち歩くことで、自分の思考の遍歴や、アイデアのアウトプットにも役立つといえるでしょう。

  • 本音で生きるとはどういうことか?

    本音で生きたい、そう思っている人は多いでしょう。それでも多くの言い訳がそれを邪魔します。それでも本音で生きた方がいいのではないか。あらためてそう問いかけるのがホリエモンこと堀江貴文による「本音で生きる」(SBクリエイティブ)です。

  • 「特異点」に向けて、これからのエリートになるための3ステップ

    「シンギュラリティ」という言葉をご存知でしょうか? コンピュータが全人類の知性を超える時点とされる「シンギュラリティ=特異点」は、2045年に訪れるとされています。テクノロジーの進歩によって、機械やIT技術は目覚ましい進歩を遂げていることは明らかです。それに伴

  • 日本とアメリカ、明暗を分けたリスクとの向き合い方

    リスクは避けるべきもの。リスクを回避しておけば安全。日本にはこのような考え方が浸透しています。しかし、「リスクを取らないこと」にもリスクが生じていることに皆さんお気づきでしょうか?「リスクを取らないリスク」の著者である堀古英司氏は、リスクと向き合うことの大切さ

  • 絶対おすすめの自己啓発本3冊【読んではいけない自己啓発書の種類とは?】

    自己啓発本ときくと「情報商材みたい…」「洗脳されそうで不安…」「そもそも読む意味がわからない」と思う人が多いのではないでしょうか? 実際本の裏側に立って、セミナーやプログラムを受講させるような自己啓発本もたくさんみてきました。 もちろん、本なので合うか合

  • 48時間で願いがかなう「4つの実験」

    「思考は現実になる」 こんな言葉を聞いたことはありませんか? 「ある」という方に、もうひとつ質問です。 あなたは、このことを心の底から信じていますか? 「聞いたことはあるけれど、信じてはいない」という人がほとんどでしょう。 そんな方に

  • クラスで一番になれないと世界一にはなれない? つんくが教える「教室内ニッチ」を見つけるコツ

    シャ乱Qのつんくさんは一番という言葉が好きだそうです。子どものころからずっと一番にあこがれて生きてきました。なぜなら、がんばってもがんばっても、なかなか一番になれなかったからです。つんくさんはこう言います。「誰でも一番になれる」と。 「世界のトップになれ

1 / 3 1 2 3 最後 »