常識の99%はウソ?

これは常識だから、といったことはよく使われる言葉ですね。しかしながら、果たして本当にそうなのだろうかといった疑問が浮かんだりしますよね。そもそも常識ってなんなのだろうといった根本的な疑問が浮かんでは消えるといったこともあるでしょう。

常識を疑うべき?

ホリエモンこと堀江貴文による『疑う力 「常識」の99%はウソである』(宝島社)は、あざやかな本です。本書では時事ニュースを含めてさまざまなネタに関して、常識を疑ってかかるべきだとホリエモンが解いています。それは説得力のある言葉でもあると言えるでしょう。なぜならばホリエモン自身が、そうした常識と戦ってきた人であるからです。自分自身の実体験ベースの話に基づいて話しているからこそ、話に深みや重みが生まれるといったこともあるでしょう。

どうすべきか?

本書で提示されているのは、自分の頭を使ってなぜ、どうしてに向き合うことの重要さです。たとえばある事実を否定するために、別の事実らしきものを持ち出してくるといったことになってしまえば、それは本末転倒ですし、何も成し遂げていないことにもなるでしょう。そこにおいて、長いものに巻かれろというようなスタンスにならないためにどうすればいいのかといったことが重要になってくるのです。自分で歩みだして行くことは確かに恐れがあるのかもしれません。それでも、自分に向き合っていく必要はあると言えるでしょう。それこそが正しい道であり生き方なのです。