一生仕事に困らない自分になる「10年法則」とは?

仕事で一人前になるには三年が必要だなどよく言われますね。では、一生仕事に困らないようになるには何年必要なのでしょうか?実は、最低でも10年は集中的にその仕事に時間や労力を注ぎ込むことが必要だと言われています。今回は、一生仕事に困らない自分になる「10年法則」を紹介します。


■「10年法則」とは

成功するためには、何年必要だとお思いますか?実は、成功するためには、「10年」必要といわれています。一生仕事に困らない自分になるために必要な時間は「10年」である法則こそが「10年法則」です。

また、「10年法則」のゴールは、「今までに経験したこと」の中に存在する自分の得意分野を差別化し、「自分だけの強み」にすることがです。

■投資した分しか回収できないのが人生

自分への投資が最大の投資になります。成功するためには「知識への投資」、「健康への投資」、「人生のエネルギーとなる目標」の3つが必要です。この3つを自分なりに具体的な行動に落とし込み10年間継続し続ければ、二次関数的な成長が起き、一生仕事に困らなくなります。

■「10年法則」を続ける4つのコツ

  • 1. 挑戦課題は、適度に難しく
  • 2. 努力が報われる分野で活動する
  • 3. ミスや失敗ができる余地を持つ
  • 4. フィードバックが必須

いかなるチャレンジも、ミスができる余裕がないと、成功しません。ミスも成功に活かすための「10年」と思って「10年法則」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 

「一生モノの自分をつくる「10年法則」(コン・ビョンホ)」の詳細を調べる

 

    
コメント