ビジネス界で生き残るために!! 過酷な世界で生き残るための5つのコツ。

1年前は当たり前だったことが、今日では時代遅れに。1年前までは大流行だったものが、今では誰も使っていない。そんな流行り廃りのサイクルがとても速い世界ですが、ビジネスの世界でもそれは同じこと。生き残るためには何をすればよいのでしょうか。そこで今回は、過酷なビジネス界で生き残るための5つのコツを紹介します。


■過酷な世界で生き残るための5つのコツ。

過酷な世界で生き残るために厳選した5つのコツです。

1. 「自分にないスキルを自覚し、それを持つ人を雇う」

1つ目のコツは、人材雇用についての名言。人は何でもかんでも自分でこなすことができるほど、器用でもなく上手にできているわけではありません。必ず何かしら欠けていて、それは自分だけでは補うことができる代物ではありません。その穴を埋めるために、どこに穴があるのかを発見し、その穴を埋めてくれる良い人を探すのです。

2. 「重要と思っていることを全て実行するだけの時間はない」

2つ目のコツは、人に頼る大切さについての名言。重要なことは数多く存在し、それに対処することはもちろん大事です。ですが、現実的に考えて重要なことを全て自分だけで対処することができるでしょうか。重要なことの中にも優先順位というものが存在するはずで、必ずしも自分がやらなくてもよいものが存在するはずです。それらは。他人に任せ、自分は自分だけしかできないことをやるべきなのです。

3. 「変更があるという考えを基本にせよ」

3つ目のコツは、日常の心構えについての名言。20世紀後半から今にかけて、IT技術の発達によりビジネスのスピードは格段に速くなりました。スピードが上がるにつれ、変化も多くなり、カッチリとした計画というのは役に立たなくなってきています。変化に柔軟に対応するためにも、変更の可能性が無いという計画は疑ってかかるべきで、いつでも変わることがあるという考えを基本にすえるべきなのです。

4. 「外部の変化について行けなければ終わりは間近」

4つ目のコツは、組織の内と外についての名言。上記にも述べたとおり、世界は急速に変化しており、明日どこに着地するのかもわかりません。そんな世界において、外部の変化について行くだけでも大変なのに、付いて行かなければ終わってしまうのです。つまり、付いて行くのを放棄した企業というのは、終わっている企業なのです。

5. 「組織はどこも柔軟性と体系化をせよ」

5つ目のコツは、現代において組織はどうするべきかについての名言。絶え間ない変化が繰り返される中で企業はどうすれば良いのでしょうか。その答えはまだ見つかっていません。ですが、確実に言えるのは絶え間ない変化を受け入れられるような柔軟性を持ち、その経験を体系化し共有することが求められています。

この他にも沢山のコツが存在し、当てはめることができるシチュエーションは異なります。他の記事も参考にしながら自分なりの生存戦略を立ててみてはいかがでしょうか。

「有名人の成功のカギはドラッカーの『マネジメント』にあった(フランク・アーノルト)」の詳細を調べる

    
コメント