就職活動の前に知っておきたい! 「自分の才能を見つけるヒント」

あなたが学生なら、就職活動に巻き込まれる前に、自分の才能は何かを知っておくといいでしょう。今回は、就職活動の前に知っておきたい、学生が「自分の才能」を見つけるヒントを紹介します。


■学生の特権を活かす

学生は、「自由に動ける」という特権を持っています。上手にやれば、大人から応援をもらえる立場です。日本には、学生を応援してあげようという文化があります。その有利な立場をフルに生かして、人生のいろんなサンプルを見ていくことをおすすめします。学生なら、オフィスに遊びに行っても歓迎されます。

時間の余裕がある学生のうちに、小さい頃から好きだったり、興味のある分野で活躍している人の講演会やパーティーに行ってみましょう。そんな会に学生が来るのは珍しいので、とても目立ちます。その人が有力者であるほど、

「君、学生なの?」

と声をかけてくれます。声をかけてくれなくても、きっかけをつくって、名前を覚えてもらいましょう。うまくいけば弟子入りもできるかもしれません。弟子入りといっても、住み込みでやる必要はありません。リサーチの助手が必要だったり、パーティーの手助けが必要だったりするときに、声をかけてもらうようにお願いすればいいのです。

■就職活動中でもまだ間に合う

あなたがもうすでに就職活動中だとしたら、だいたいの方向性だけでもいいので、今すぐ自分の才能がどこにあるかをチェックしてみましょう。そして、その才能を上手に開花できそうな就職先を選ぶと、その後の人生の選択肢が広がります。

何も考えずに就職先を決めてしまうと、転職するときに、もっと不利な条件で同じ作業をやらなくてはならない可能性があります。

一番ベストなのは、就職活動をする前に「自分の才能」を見つけることです。学生のうちに自分の才能を見つけたいと感じたら、「自分の才能の見つけ方」を読んでみてはいかがでしょうか? 周りと大きな差をつけ、スタートダッシュができます。

「自分の才能の見つけ方(本田健)」の詳細を調べる

    
コメント