人生がうまくいく思考術とは?

人生というのは山あり谷ありとはよくいわれたものですが、実際のところはむしろ谷しかないのではないかと疑問に思う人もいるかもしれません。そのような感慨を抱かざるを得ないほど、なかなかうまくはいかないもんだなと思いて、一人ごちるといったひともいるのではないでしょうか。

哲学的に思考する

そのようなときに役立つのが哲学的に思考することです。いわば目先の利益といったものや、さらに短期的な絶望といったものを、表に出さずに、深く広く考えてみようとする試みでありまして、それは人間の生理活動においてはひとつの取るべき態度であるとも言えるものです。白取春彦による『人生がうまくいく 哲学的思考術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も、なかなか勇気づけられる言葉にあふれているともいえるでしょう。著者はもともと『超訳ニーチェの言葉』の人物として知られています。いわば小難しいものといったイメージをもたれがちな哲学において、かみくだいた説明た記述を可能とする力量の持ち主だといえるでしょう。

昔の人々の思考から考える

本書において大切なものは、古今東西あらゆる場所から出てきた言葉をもとにして考えることの重要さですね。いわば、自分自身というのは小さな存在でありますから、そこにおいては、やはり先達たちの言葉というのは重要なのです。それをどのように自分の言葉と思考にしていくのかという、その過程の作業というべきものが重要だといえるかもしれませんね。