人生を変えるノート術とは?

現在はデジタルガジェットが多く普及しています。しかしながら、そこにおいて大切なものとされるのが手書きの力ではないでしょうか。それをどのように活用していくかによって、人生を変えるといった体験になることもあるのです。

人生を変えるノート術

本当にノートだけで人生を変えることができるのかといったことは不安や疑問に思うのかもしれませんが、かえってこうしたシンプルなことの方が気づきにくいものだと思いますよね。そうしたノート術を学ぶにあたって参考になる本がライダー・キャロル著作、栗木さつき翻訳による『バレットジャーナル:人生を変えるノート術』(ダイヤモンド社)です。本書においてノート術は、ビジネスや勉強において効率的な何かを求めるといった段階を越えて、最強の自分整理術として位置づけられています。そうした体験というのは、決して難しいことではなく、誰もが作業を重ねてゆけばできるものがあるわけですからね。そこにおいては、大切なノート術として、本書を参考にすることはやぶさかではないでしょう。

世界共通である

さらに本書は翻訳書であり、世界の29カ国でベストセラーとなっている点においても注目だといえるでしょう。そこにおいては、ある意味では、世界共通の価値観というべきものが提示されているともいえます。そこにあるシンプルな法則を虚心坦懐に学んでいくことで、おのずと見えてくるものがあり、未来が開けていくといったこともあるにはあるでしょうね。