人生を変える80:20の法則とは?

人生にはさまざまな法則があります。もちろん、それは後付けで生み出されたものだとしても、数多くの人が経験する中である程度規則性や法則といったものが抽出されるのではないでしょうか。


どう世界が変わる?

リチャード・コッチ著作、仁平和夫、高遠裕子翻訳による『増補リニューアル版 人生を変える80対20の法則』(CCCメディアハウス)は、20年間以上の長期にわたって読み継がれているベストセラー作品の増補版です。こうした本というのは、それぞれの時代にあった書かれ方がされているのもある一方で、どこでも通用する普遍的な法則が記されているものもありますね。本書の場合は後者にあたると言えるでしょう。

何が記されている?

本書では80対20の法則が取り上げられています。これはどのようなものなのでしょうか。どのような数字が当てはまるのでしょか。これはあらゆるシーンにあてはまるもので、利益の80%は顧客の20%によってもたらされる。仕事の成果の80%は、費やした時間のうち20%の中から生まれるといったものです。そこにおいて大切なことは、利益をもたらすものは、一定の場所に集中しており、そこを見つける必要があるという点ではないでしょうか。この「パレードの法則」はビジネスシーンはもちろんのこと、ライフスタイル全般にも当てはまるものですから、すべての人が手にとって損はない本です。

    
コメント