自己肯定感の教科書とは?

よりよく生きるにあたっては、さまざまな要素が複合的に絡んでいるものではありますが、なによりも必要なものは自己肯定感ではないでしょうか。この自己肯定感がなければ、最後の最後に自分はもうダメだと思ってしまうこともないでしょう。

トレーニングを積む

この自己肯定感を高めてゆくにはどうすればいいのでしょうか。もともと、そうしたことが得意な人はやればいいのではないかといったことも思うかもしれません。しかしながら、自己肯定感というのは、あるていどメソッドが存在しているわけで、そこでトレーニングを積んでいくということも不可能ではないのです。中島輝による『何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書』(SBクリエイティブ)は、自己肯定感に関しての決定版というべき本んです。どのような立場において、そこでは、完璧な自己肯定感を生み出すことができているのでしょうか。

ワークシート方式

本書ではワークシート方式が取られています。いわば、受験参考書を眺めるようなステップで、自己肯定感は何であるかといったことを求めていくことができます。とりあえず、チャートの通りにやってみるということは、大事なことです。これはお稽古ごとなどにおいても、ならうよりもなれるといったこともありますからね。それはなによりも大事な要素であるといえるでしょう。こうした本というのは文字がずらずらと並んでおり、その活字を追うだけで大変という思いをする人も少なくはありません。特に、こうした本を読むのが苦手という人にとってはなおさらですからね。それであるため、本書はそうした読者にむけても優しい作りができているということがいえるでしょう。いわば、それも自己肯定感を得るのには大事な要素であるといえますね。本書は仕事ばかりではなく、恋愛や結婚、あるいは人間関係などあらゆる要素において大事なものがつまっていますのでおすすめの一冊です。