あなたを幸せにする!? 運のいい人になる4つの法則

運のいい人は肩の力を抜いているから、事故に遭う確率も低く、不安が引き起こす病気にもかかりにくく死亡率も低いという事実があります。将来に対する期待は、夢や目標を実現できるかどうかを決める鍵となります。さらに、運のいい人は物事がうまくいくと期待しているから、目標を目指して努力する意欲が高く、たとえ成功する見込みが低くても、運の悪い人よりはるかに粘り強いから成功する確率が高くなるなどいいことづくしです。では、運がいい人になるにはどうすればいいのでしょうか? 今回は運のいい人になる4つの法則を紹介します。


■法則1. チャンスを最大限に広げる

運のいい人は「運のネットワーク」を築き、そのネットワークをを広げています。また、運のいい人は肩の力を抜いて生きているのでチャンスがどんどん広がります。また、運のいい人は新しい経験を喜んで受け入れるからチャンスを最大限に広げることができるのです。

■法則2. 虫の知らせを聞き逃さない

運のいい人は直感と本能に耳を傾けています。さらに、運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗してもあきらめません。こういった小さな可能性にかけるから運がよくなります。

■法則3. 幸運を期待する

運のいい人は幸運が将来も続くだろうと期待しています。また、運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗してもあきらめません。対人関係も同様にうまくいくと思っています。幸運を期待するから運がよくなるのです。

■法則4. 不運を幸運に変える

運のいい人は不幸のプラス面を見ています。だから、運のいい人は、不運な出来事も長い目で見れば最高の結果になると信じることができます。さらに、運のいい人は不運にこだわらず、積極的に行動して将来の不運を避けています。このように運のいい人は不運を幸運に変えてしまう行動をとっているのです。

2013年も始まり、幸運に恵まれたい方は少し考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

「運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則(リチャード ワイズマン)」の詳細を調べる

    
コメント