大富豪でわかる起業に向くひと・向かないひと

トランプゲームで人気の大富豪。革命や二枚出し、8流しなど大富豪ならではのルールがゲームを面白くしています。実は、この大富豪のゲームの進め方で、起業に向いているかどうか判断できます。


■大富豪のプレー方法で起業向けかどうかわかる

ゲームを進めていくと、プレーヤーにはいろいろなタイプの人聞がいることが分かってきます。勝利を収めると喜ぶ人、悪いカードが来ると「なんでこんなカードしか来ないんだ」とぼやく人、いきなり勝利宣言をする人、勝っても負けても表情ひとつ変えない人、など。真剣に勝負をしてみると、こういうことが分かって本当に興味深いものです。別にどれが良くてどれが駄目だというのではないのありませんが、起業するのに向いているかどうかが大富豪のプレーから判断できます。

■起業に向かない人

平民や富豪で居続けられるのが一番落ち着くという人。こういう人は起業家には向かないかもしれません。起業はハイリスクハイリターンの勝負の世界ですから、そもそも勝負を好む性格でないと厳しいです。

それから「こんなのは単なるゲームなんだから真剣になるのは馬鹿らしい」と真剣に取り組めない人も起業には向きません。そもそも人生に目的なんて無いのですから、真剣に取り組めるゲームを各自が探さなくてはなりません。

■起業に向く人

起業家に向いているのは、大富豪と大貧民を両方楽しめる性格の持ち主です。大富豪になって勝っている時は楽しいけと、大貧民に転落したら一気にやる気をなくしてしまったり、逆に、大富豪になったはいいけどプレッシャーや緊張ですぐに失敗して負けてしまう、という場合には心を鍛える必要があるでしょう。

大富豪にのし上がっても適度な緊張感を持って勝ち続けられるタフさと、大貧民に転落しても必ず這い上がってやるという粘り強さを鍛えましょう。勝っている状態と負けている状態の両方をどれだけ具体的に想像できて、自分がその状態に置かれるていることをどれだけ好きになれるか(負けている状態もです) が、起業家には大事です。あなたは起業に向いていました?

「「へんな会社」のつくり方(近藤淳也)」の詳細を調べる

    
コメント