「半径3メートルの本」ならだれでも書ける

名作と呼ばれる本は、著者がだれもやっていない経験を手にいれるために、人生のある時期、不眠不休の日々を送ったり、狂気の世界に身を置いたりしています。でも、そればかりが本ではないようです。


ベストセラーから探るテーマのヒント

私は、早稲田大学のオープンカレッジで『週末作家養成講座』という授業を何年か教えていました。
あるとき、約30人の受講生に、ここ数年間で読んだベストセラーを挙げてもらいました。
そこで出た50冊の本について「共通項目を探す」という授業をやりました。
するとまず、男性と女性によって、読む本の傾向が違うということがわかりました。

男女が好む本には特徴があった

男性が読む本は、「お金」と「成功」です。
女性が読む本は、「恋愛」と「美容」です。
お金や成功がテーマの本とは、営業マニュアル、株で儲ける本、投資術、プレゼンテーション、話し方の本などがそうです。
恋愛や美容がテーマの本とは、ボーイズラブ、ダイエット本、美肌、美白、デトックス、低カロリーの料理本などです。

テーマは手を伸ばせば届くところに

そのとき、受講生のひとりが手を挙げてこんなことを言いました。
「先生、お金も、成功も、愛も、美容も、手を伸ばせば届くところにありますね」
私は「あっ」と思いました。
売れている本は、すべて「身近なテーマ」だったのです。
それでは、「手を伸ばせば届く距離」とは、どのくらいの間隔なのでしょうか?

居心地のいい3mの生活空間

いろいろと意見は出たのですが、多数決で「3mくらいだろう」と落ち着きました。
3mとは、ちょっと立ち上がって手を伸ばせば何でも届く距離です。
これは、本当に居心地がいい空間です。
朝起きてから夜寝るまで、何でも3mの範囲内で賄えるのです。
この生活空間として最も快適な「3m」が、本の世界にも影響を及ぼしています。

体験や悩みが本のテーマになる

あなたが最近読んだ本を思い出してください。
かなり多くの本が、「3m」の範囲に入っていると思いませんか?
もともと私たちは、自分が体験したり、悩んだりしたことしか書けません。
まさに、「本のテーマは、手を伸ばせば届く距離にある」と言ってもいいでしょう。

【まとめ】

・ベストセラーは「お金」「成功」「恋愛」「美容」から生まれます。
・半径3mの生活空間にある、居心地のいい距離感の本ほどよく読まれています。
・本のテーマは、手を伸ばせば届く距離にたくさん転がっていたのですね。これなら、胸をわくわくさせながら見つけられるのではないでしょうか。

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)

    
コメント