本のテーマはたったひとつあればいい

本のテーマという宝探しをしていると、「あれも書きたい」「このことも伝えておきたい」と欲張りがちです。それよりも、たったひとつのテーマをひたすら書くほうが、はるかにうまくいくという実例をご紹介します。


椅子を買いに来たお客さんが椅子を買わない理由

あるお客さんが、家具屋に椅子を買いにきました。
店員はあれこれと椅子を薦めるのですが、お客さんは、あまり気乗りがしないようです。
そこで、よくよく椅子を買いに来た理由を聞いてみると、古くから使っている椅子のネジがはずれて、ガタガタしてすわり心地が悪いということがわかりました。

本当に必要なものを提供するから喜ばれる

このお客さんは、じつは、新しい椅子がほしいのではなく、古い椅子を直すネジとドライバーがほしかったわけです。
このとき、この店員は椅子ではなく、ドライバーとネジを売りました。
この店員の親切な対応に感謝したお客さんは、それ以来、新しい家具を買うときには、必ず、この店員さんを訪ねて来るようになりました。

本一冊にたったひとつのメッセージ

これは、『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』(佐藤昌弘 日本実業出版社)の中に登場するお話です。 
この本で作家が訴えたいことは、たったひとつです。
「営業マンはお客さんの話をよく聞きなさい」
これで終わりです。
「えっ、それだけ?」という話が聞こえてきそうですが、本当に、これだけです。
たったひとつのことを、200ページも使って書いているのです。

テーマは2つあってはいけない!

なんと、この本は18万部売れています。
たったひとつのテーマでも本はベストセラーになります。
まさに、ワンテーマ、ワンコンセプト、ワンシンボリックの見本です。
本のテーマは、たったひとつです。2つあってはいけません。
これは本を書くときのルールです。

一本の柱がベストセラーを生む

この本のテーマは広義では「営業」、狭義では「セールストーク」です。
「お客ニーズの掘り起し」はテーマではなく、正確には「コンセプト」=「基本理念」と言います。
その本を最初から最後まで貫く一本の柱であり、「中心思想」のことです。
たったひとつのことを極めている人が、その技術を習得する方法を本に書いたとき、さらに、それが世の中のニーズと合致したとき、ベストセラーが生まれます。
読者は職人の技術やプロフェッショナルが培ってきたものに興味を惹かれるのです。

幸せな恋愛と本作りは同じ

1冊の本に2つのテーマを混在させてはいけないということです。
テーマは「恋愛」と同じです。2人の恋人にアプローチしてはいけません。
とにかく、ひたすら、たったひとりの恋人に懸命に尽くすこと。
これが「幸せな愛」を得るコツです。
「いい本」も、ひたすらひとつのテーマで書き進めてください。

【まとめ】

・ベストセラーで作家が訴えたいことは、たったひとつしかありません。
・一冊の本に2つ以上のテーマを混在させてはいけません。
・たったひとりの恋人を愛して得られる幸せと、本作りのコツは同じ。分野がちがっても、情熱と懸命さが人の胸を打つのは共通なのですね。あなたも情熱を燃やしてみませんか?

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)

    
コメント