ウリと強みの正体・USPの見つけ方

ありのままの自分が本になったら、すばらしいですね。でも、自分のことは意外と自分ではわからないもの。強力な本のテーマになるウリと強み・USPとは? あなたの魅力を再発見するヒントをご紹介します。


過去に一番お金を使ってきたこと

熊本に住んでいる経営者の本作りをお手伝いしました。
私はその方に、「あなたが過去に一番使ってきたお金は何ですか?」という質問をしました。
すると、彼は、「パチンコ」と答えました。
「いくら使いましたか?」と聞くと、「うーんと、1億円くらいかな」。

パチンコに一億円が「あたりまえ」!?

私はびっくりしました。普通の人は、そんなにパチンコにお金を使いません。
しかし、彼はきょとんとして「えっ、1億円くらい使うでしょ?」と言うのです。(使いません!)
よくよく話を聞いてみると、毎週、土日にパチンコ屋さんに行き、負けるときには20万円から30万円負けるそうです。
たしかに、そんな生活が何年も続くとトータルでは1億円くらい使うかもしれません。

自分を客観的に見ることはできない

これは本人が「あたりまえ」と思っているのですが、「そんなことは、なかなかない」と周りの人がいくら説明してもわかってくれません。
なぜならば、私たちはだれもが主観的に生きています。自分の背中を自分で直接見ることのできないように、客観的に自分を見ることはできないのです。
この「なかなかない」探しが本を書くテーマになります。

個性的で、売込みできる、主張

このように、ちょっとありえない体験や信じられない経験などが本になります。
この「ありえないこと」を「USP」と呼びます。
「USP」とは「ユニーク・セリング・プロポジション」のことで、直訳すると、「個性的で、売り込みできる、主張」のことです。

お金と時間をかけたものがウリと強み

難しい言葉で「卓越性」と言います。
やさしい言葉で「ウリ、強み」です。
USPを見つけるための簡単な方法は、「お金軸」と「時間軸」です。
あなたが過去に使ってきたお金や時間が本を書くテーマとなります。
では、あなたのUSPはどうしたら発見できるのでしょうか?
これは、あなたに、たった3つの質問をするだけで見つかります。

USPが見つかる3つの質問

【第1の質問】 小さいときから好きなことは何ですか?(継続)
【第2の質問】 時間を忘れて没頭してしまうことは何ですか?(集中)
【第3の質問】 他の人が「なかなかやっていない」ことで、あなたがやっていることは何ですか?(卓越)

この3番目の「他の人がなかなかやっていない」というのが、ミソです。
本のテーマを発見するには、「なかなかない探し」が不可欠なのです。

あなたの「なかなかない」を発見しよう!

他の人が「絶対にやっていないこと」つまり、「上の上」の経験があればベストですが、そんな人は数えるほどしかいません。
「なかなか」とは、「予想した以上に」「意外に」「かなりに」という意味です。
漢字では「中中」と書きますが、中の中ではなく、中の上くらいに得意なことがあれば、それがあなたのUSPであり、本を書くテーマとなります。
他の人がやっていてもいい、でも、「なかなかいないよね」というのがあなたのテーマなのです。

【まとめ】

・自分ではあたりまえだと思っていても、人にとってはなかなかないことが本のテーマになります。
・過去にお金と時間をかけたものが、ウリと強みのUSPになります。
・あなたがあたりまえだと感じることの中にも、読者にとってはありえない体験や信じられない経験が、眠っているかも!?

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)

    
コメント