ビジネス書の著者になる

ビジネス書は出版業界の中で人気の高いジャンルです。日々、多くの書籍が出版されています。ビジネス書の中でも人気があるテーマとしては、ハウツーもの、メソッドものがあるといえるでしょう。時間の使い方や、仕事の進め方、あるいはパソコンやスマホなどのデジタルガジェットの活用術など、多くの分野があります。誰しも自分なりの法則や、仕事の進め方といったものがあるでしょう。そういう観点から考えてみれば、実は、ビジネス書は誰でも一冊の本が書ける可能性があります。


メソッドがある

『完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる! 出版の教科書』(秀和システム) は、20冊以上のビジネス書を出版し、200名を超える新人作家をプロデュースしてきた松尾昭仁によるビジネス書執筆の指南書です。さらに、ここで重要なのは自費出版ではない出版を目指す点でしょう。本は口コミで広まっていくこともないことはありません。しかし全国的に売り抜くためにはやはり出版流通に乗った商業的な出版物である必要があるでしょう。

アイデアとノウハウ

本書では、ビジネス書を書きたいけれども文章力も構成力もない、そういった悩みも不要です。ビジネス書にかぎらず出版に必要なものは、アイデアとノウハウです。つまりは、それを手に取った人が読みたい、自分の生活に役立たせたいと思わせることが出版の極意なのです。

    
コメント