何かを教えるとき、人は一番幸せを感じる

どんな情報媒体より最も情報価値が高い「本」。本を出したい夢の根底にあるのは、深い幸福感への欲求です。人生の価値を高める自己実現の成り立ちとは? 一生に一冊は本を書くべき理由に迫ります。


なぜ、人は本を書くのか?

「人間は一生に一冊は本を書きなさい」と言ったのは明治生まれの哲学者であり、教育者である森信三さんです。
森信三さんは「国民教育の師父」「20世紀最後の哲人」と呼ばれ、彼の講演録はたくさんの本となり、今なお、たくさんの経営者がその教えを実践しています。
なぜ、人は本を書きたいと思うのでしょうか?

本を書くと人生に深い価値が生まれる

本を書いたほうが、さらに人生に深い価値が生まれるためです。
人は、だれかに何かを教えたい生きものなのです。
もっとわかりやすくいうと、「教えてもらいたい」より「教えたい」という欲求が強いのです。
どんな人も、人に教えるときには嬉しそうな顔をしています。

自分の経験と学びが人の役に立つ喜び

私の長女は介護の仕事に就き、体を動かせない重度のお年寄りの面倒をみているのですが、お年寄りが一番喜ぶのは「何かを教えるとき」だそうです。
お年寄りは自分が今まで経験したこと、学んだことをだれかに伝えたいと思っています。
それを教えてほしいといわれたとき、とても喜びます。

罪人を先生と呼んだ吉田松陰

吉田松陰は、倒幕の容疑をかけられ牢屋に入れられたとき、どんな大悪党でも先生と呼び、ひとりひとりの罪人に講義をしてもらったそうです。
斬首されるために牢獄から出るときには、大悪党たちがみんな正座して見送ったという逸話もあります。
だれかに何かをしてあげて感謝されるのは、人間の大きな喜びなのです。

本とは「どうしてもだれかに伝えたいこと」

本は、最大の「自己実現」であり、だれもが持っている「承認欲求」を満たしてくれます。
「本とは何ですか?」という質問をされたとき、私はこう答えます。
「あなたがどうしてもだれかに伝えたいことです」
これが一番、シンプルな答えです。
だれでも、ひとつくらいは「価値ある伝えたいこと」を持っています。

【まとめ】

・本を書く努力が人生の価値を深めます。
・人に何かを教える時に大きな喜びを感じるのは、人間共通の幸福感。
・本とは「どうしてもだれかに伝えたいこと」。だれでもひとつは「価値ある伝えたいこと」を持っています。
・人に何かを伝えることで感謝されるのは大きな喜び。そのカタチのひとつが本作りなのですね。

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)

    
コメント