ダイエット

  • 幸せに痩せるには?

    健康ブームとあいまってダイエットはひとつのブームであるといえるでしょう。しかしながら、過度なダイエットというのは時として体を壊すこともあります。体までならまだしも、時として心の健康まで危うくなってしまうこともあります。それであるからして注意が必要であるとはいえるでしょう。しかしながら、やはり痩せたいといった欲望はあるにはあります。そうした思いにどう向き合ってゆけばいいのでしょうか。

  • からだづくり専用フード「マッスルデリ」とは

    ダイエットを成功させるカギといえば、適度な運動とバランスの良い食事。特に毎日の食事のとり方一つで効果は劇的に変わってくるものです。でも、わかってはいてもこれがなかなか難しいのが実情です

  • 毎日10分ゆらすだけでウエストにくびれが?

    そんなに太っているわけではないのに、 ウエストのくびれがない…… メリハリのある体型にあこがれているのに、 ポッコリお腹が出ている…… そんな悩みをお持ちの方は 多いのではないでしょうか? 「9 割の腰痛は自分で治せる」(中経文庫)が 33 万部以上のベストセラーとなっていることで知られる 生理学博士の坂戸孝志さんは、 腰痛を治すために行っていた筋肉ほぐしで、 ウエストにくびれができることを発見。 ぽっこりお腹が凹むことも実感しました。

  • 太りにくい、虫歯になりにくい、腹持ちがいい! 三拍子揃った天然由来の甘味料 パラチノースとは?

    スローカロリーとは、カロリーの消化吸収が遅い食べ物や食品の原材料のこと。 なかなか消化吸収されないため腹持ちがよく、エネルギーの持続性もよく、血糖値の急上昇や急降下が抑えられ、健康によいとされています。 そんな中で、スローカロリーな甘味料として注目

  • カロリーゼロからスローカロリーへ! ダイエットの新常識スローカロリーとは?

    「甘いものがほしい! でも今日は食べ過ぎちゃったな……」 そんな時、ゼロカロリーのアイスや甘みのあるダイエット飲料などを選ぶ方も多いのではないでしょうか。 甘いのにカロリーがないお菓子や飲料には、ゼロカロリーの人工甘味料が使われています。 ゼ

  • 体重が落ちる! 仕事の能率が上がる! 人生が変わるフルーツデトックスとは

    「ちゃんと寝ているのに、朝からカラダが重い……」 「昼食後は眠くなって仕事どころじゃない……」 「社会人になってから太ってしまって、旧友に会いたくない……」 などの悩みを抱えるビジネスマンは多いのではないでしょうか。 これらの原因は、身体の汚れにあ

  • リバウンド女子必見! 二度と太らないカラダになれる秘密とは?

    食欲の秋が終わったかと思えば、お正月のおせち料理で正月太り。太ったからダイエットしたのに、美味しい料理があるとついつい食べてしまって逆戻り……、「結局、ダイエットなんて無理」 と投げ出してしまう人も多いのではないでしょうか? でも、もし「一度痩せたら、二

  • 寒いだけでカロリーは消費する?

    人間の成人男性が1日に摂取するカロリーの目安は約2000カロリーと言われています。しかし、コンビニやスーパーで売られる商品のカロリー表示を見てもわかる通り、ちょっとした揚げ物のお弁当だけで1000カロリー近くを取ってしまいます。 1日の摂取カロリーが、基

  • 夏に知りたい食欲コントロール

    「つい、食べすぎてしまった」「食べてから、後悔した」……こんな経験はありませんか? でも、もう心配いりません。好きなものを好きなだけ食べても、健康的で太らない自分を手に入れる。そんな方法をご紹介します! 「間違った食欲」になっていませんか?

  • コレさえ守れば太らない?ダイエットに効果アリ!正しい食事のルール5つ

    よく食べているのになんで太らないの? いわゆる「痩せの大食い」というタイプ、あなたの周りにも1人はいますよね。逆に、万年ダイエットをしていても痩せないと嘆いている方も多く、食べても太らないなんてうらやましすぎると嘆いている方も多いはず。その秘密は、食べ方のコツ

  • タバコは禁煙すると短命になる!? ダイエットの常識を疑おう

    健康診断でメタボと診断されたので、水泳を始めたり、禁煙してみたり……これらはとても健康によさそうですが、実は必ずしも健康に直結するとは限らないそうです。 禁煙は命を縮める!? ヘビースモーカーには朗報と思いきや、禁煙がダメという話ではありません。禁

  • 飲み会では、低カロリーおつまみを食べることからスタートすることが痩せるコツだった!

    外でお酒を飲む、いわゆる「飲み会」というおつき合いがありますね。食べるよりも、お酒を飲むほうが中心という、居酒屋などでの宴席です。この場合、酒量は人によってそれぞれですから、「飲みすぎないように」としか言えませんが、気をつけたいのは、酔った勢いでの「食べすぎ」

  • ダイエット3択クイズ! 外食時にカロリーが少ないメニューはどれ?【丼もの、カレー、にぎり寿司】

    ダイエットをしているとき、気になるのがカロリーです。外食時には、どのメニューを食べるのが正解だと思いますか? ヒントは塩分・脂質・糖分の量です! それでは、丼もの、カレー、にぎり寿司に関するダイエット3択クイズを出題します! 丼ものでダイエットに

  • やせる食べ方には順番がある! 「ばっかり食べ」のすすめ

    みなさんは、目の前にお料理が出てきたら、まず何から箸をつけますか? たとえば、ハンバーグ定食だったとして、すごく空腹のときって、真っ先にハンバーグに箸がのびたりしません? 同じメニューでも、食べる順番によって、血糖値の上がり方や腸からの吸収率が違うので、

  • お相撲さんに学ぶ下半身強化? 四股ストレッチとは【ダイエット効果も!】

    骨盤の傾きや歪みがひどいと表情筋にも悪影響を与えてしまいます。特に左右の脚の長さが何cmも違うような歪みは専門医や整体師の手で矯正する必要がありますが、せっかく骨盤の位置を矯正しても、そのまま生活していると再びズレてきてしまいます。 正常な位置を維持する

  • ポテトサラダはカロリーの宝庫! ポテトサラダはダイエットの敵で主食扱いするべき料理!

    サラダの中で、不動の人気を誇るメニューといったら、ポテトサラダですね。とくに男性には大人気です。サラダって名前がついているからヘルシーそうだし! でも、ちょっと待って! ダイエット面からみると、ポテトサラダは食べてはいけません! じゃがいもは主食

  • なぜ「甘ジメ」したいのか? 塩と砂糖の関係に要注意!

    女子の間では、「甘ジメ」という言葉、普通に使っていますよね。つまり、食事のあとに甘いものを食べて「シメる」ということ。最近は、男性でも「甘ジメ」にはまっている人がいるようですが、なぜ、食後に甘いものが食べたくなるのでしょうか? 甘ジメしたくなる理

  • ドカ食い防止策は「ベルトを締める」ことと「帰宅後に着替えない」こと【食事ダイエットのコツ】

    ドカ食い防止策には、「ベルトを締める」こと「帰宅後に着替えない」ことがポイントです。なぜ、この2つの対策方法がダイエットに効果的なのでしょうか? ベルトを締めると食べ過ぎなくなる! 外でのお食事のとき、ちょっとおしゃれをしますけど、どんな服であ

  • 小麦粉好きな人におすすめ! 超便利な「おからパウダー」に注目!

    いま、巷で流行っているのが、「おからダイエット」。「おから」を毎日の食事に取り入れるだけで、健康的にスッキリやせられるということで、ブームになっています。 でも、「おから」は日持ちがしない代表食品。冷蔵庫に入れていてもすぐに腐ってしまいます。毎日買い物に

  • 「おから」がスーパーから消えた!「おからブーム」到来!

    「スーパーの「おから」の棚がすっからかんだった!」 「近所のお豆腐屋に行ったら、「おから」これまでタダでもらえてた「おから」が、有料に、しかも予約待ちになってた」 豆腐を作るときにできる「おから」。町の豆腐屋さんでは、豆腐を買うとおまけでくれたりするあ

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »