生活・人生

  • ビジネスにおける読書力とは?

    ビジネスシーンにおいては、さまざまなスキルが求められるものとされています。そこにおいては読書力といったものもあげられるでしょう。読書という行為などいつでもできると思ってはいないでしょうか。しかしながら、そうした当たり前にあるものを疑ってかかる姿勢こそ大事なものだともいえますね。

  • 「みくだりはん」とはなにか?

    芸能人などの離婚が報じられる時に「みくだりはんをつきつける」といった表現がなされます。これは漢字では「三行半」と書きます。これはいったいどういった意味があるのでしょうか。

  • 京都なぜ「お茶漬けで帰れ」?

    京都のいわれとして、飲食店、特にお酒を出すような店で「お茶漬けでも」と言われたら、それは「そろそろ帰ってほしい」といった意味合いだというものがあります。京都ではお茶漬けは「ぶぶ漬け」と呼ばれています。これは漬物をご飯の上に乗せてお茶をかけたものをさらさらといただくといったものですね。果たして本当にそうなのでしょうか。

  • ぢるぢる旅行記とは何か?

    旅行に関する記録をまとめた旅行記というのは多く存在します。沢木耕太郎の『深夜特急』(新潮社)シリーズなどはよく知られているでしょう。こうした旅行記の魅力とは、いつの時代であっても読み継がれるという点がありますね。毎年、最新版が更新されて編集されて発売されるガイドブックと違い、旅行記は10年前であっても、あるいは100年前であっても同じ空気を感じ取ることができるのです。

  • イヤな記憶はなぜ消えない?

    誰もが記憶の片隅に追いやってしまい、もうすでになきものとしたいと切に願うようなイヤな記憶は誰しもが持っているものです。そのイヤな記憶というのは、ただちに消してしまいたいと思ってはいても、意識すればするほど頭の中にぐるぐると思考がめぐっていってしまうというのは皮肉です。とはいえ、それこそ人間らしいと、ひとつの開き直りを示そうにも、なかなかそうはいきません。それがイヤな記憶の本質であり、思わず苦笑するといった体験をすることも多いのではないでしょうか。

  • 本棚の補強にはL型金具がおすすめ

    本好きにとって、課題と言えるのが本棚の確保でしょう。さらに本棚にめいっぱい本を詰め込んでしまうと、中板がしなったり、ダボというはみ出した金具で固定するスタイルの場合には、それが外れてしまうことがよくあります。これは低い値段で購入した本棚となると、余計にそういったことが起きてしまうようです。

  • 人生の中心を自分にする

    人生というのは、どういったものとして位置づけられるでしょうか。やはり仕事が一番の生きがいという人も多いでしょうが、その一方で家庭やプライベートを大事にしたいという人もいるでしょう。やはり後者において、生きがいを見出していくというのがひとつの方法としてはある程度の妥当性があるものだと言えるかもしれません。

  • 知識を20字でまとめる方法

    知識や情報というのは、いかにコンパクトにまとめていくかがポイントとされています。

  • 英語話者は世界に何億人?

    英語は世界の中でもっとも伝わりやすい言語だと言われています。いったい世界中でどれくらいの人が英語を話しているのでしょうか。

  • 転部転科はアリなのか?

    大学には転部、転科といった制度があります。これはほとんどの大学に設置されているといえるでしょう。今ある学部から違う学部や学科を受験するというものです。学力試験が課される場合もあるほか、面接だけというところもあります。大学を変える試験というと、ある大学から別の大学へと入る編入学試験が知られていますが、今の大学に満足しているならば転部転科といった制度を利用するのもありでしょう。

  • 卵の生食は日本だけ?

    日本というのは、独自の文化というものがあります。それが時としてエキゾチシズムの対象ともなりうるわけで、クールジャパンの表象として現れてくることもありますね。それは日本の良いところでもあると言えるでしょう。さらに、日本独自の食文化というものがあります。それが卵の生食文化です。

  • 夏休みなぜ40日?

    小中高校などの夏休みはおよそ40日間あります。これはもっとも長い地域によるもので、一方で寒い地方などは冬休みが長い代わりに夏休みが短いというところもあります。ところで気になるのは、この日数でしょう。なぜ40日もあるのかということですね。夏休みというのは、とても長いですよね。特に少年時代などは、この時間が永遠に続くのではないかといった感覚にとらわれる人もいたのではないでしょうか。あるいはきりよく、8月いっぱいを1ヶ月休みにするといったこともあってもよさそうですが、なぜそうしないのでしょうか。

  • 鉄道寝過ごしの日本記録とは?

    酔っ払って最終電車に乗り、気づいたらまったく知らない街にいた、終着の街にいたといった定番の失敗はなくなりつつあると言えるでしょう。鉄道の運行距離が短くなり、長距離運行の列車がななってきているからです。それでも、かつては乗り過ごしの日本記録と呼ばれる路線がありました。

  • 小学6年生までの語彙力を知る

    語彙力というのは、大きな要素だと言えるでしょう。ビジネスシーンなどで会話をしていて、ふと幼い言葉づかいが出てしまうのは考えものです。それだけで、この人はちょっと勉強が足りない人なのではないか、きちっとした生育環境にいなかったのではないかといったことが疑われてしまうからです。

  • 世界の果てで気づく言葉とは?

    旅というのは人にどのような効果をもたらすのでしょうか。それは、それまでにない価値観だと言えるでしょう。旅に出ていなければ気づかないことがそこにはたくさんあります。

  • 罪悪感をなくすには?

    自分を責めてしまう人がいます。裏を返せば、それだけ責任感が強いとも言えますが、場合によっては、あれもこれも抱え込んでしまい、最後は追い詰められてしまうといったこともあるでしょう。

  • 感情リセットの大切さ

    感情のコントロールというのは、誰もができるようでいて、なかなかうまくいかないというものがあるでしょう。普段怒りっぽい人、逆に怒りっぽくない人といった、それぞれの感情は時としてビジネスや人間関係に影響を及ぼすことが必至です。場合によっては損をすることがあるでしょう。それは大体において怒ってしまったことを後悔するといったところにも繋がりますよね。

  • なんとなく卒業しない大学生活とは?

    大学生の人や、かつて大学に通っていた人に共通する感覚として「なんとなく」というがあるのではないでしょうか。いまや大学進学率は50%を越えています。そこにあるものは、ただなんとなく大学に通い、なんとなく卒業し、なんとなく就職するといったものです。いわば社会に流されているような感覚があることは確かでしょう。

  • サークル本来の意味は?

    サークルと呼ばれる集まりがあります。大学などの同好会などを指すものや、あるいはネットで集まった人を指すこともあります。これは本来どういった意味があるのでしょうか?

  • 朝8時までの習慣に注目する

    早起きは三文の得といった言葉は昔から言われているものですね。それはあながち間違ったものではないと言えるでしょう。それでも、朝というのは何時に起きればいいのでしょうか。3時や4時ということになればストイックすぎるといったことにもなるでしょう。新聞配達か僧侶のようにもなってしまいがちです。それでは5時6時ではどうでしょうか。それくらいの時間に起きている人はいるにはいますが、そこにおいては、標準的すぎるがゆえの問題といったものもありそうです。

1 / 134 1 2 3 4 5 最後 »