生活・人生

  • 話がつまらない理由?

    話がつまらない人というのはよくいますね。反対に、話がとても面白い人がいます。この違いはなんなのでしょうか。

  • 科学的に元気になる方法とは?

    メンタルの調整というのは大事なものです。やはり気持ちの浮き沈みというのは避けては通れませんが、それが大事なプレゼンテーションとバッティングといったことになってしまえば、最大限の結果を出すパフォーマンスを行うことはできませんよね。やはり、そこにおいては、気持ちのコントロールひとつとっても自分でどのように管理をしていくのかということが重要でしょう。

  • 読書のルールを学ぶ

    本を読むのが苦手という人は少なくありません。そうした本を読むのが苦手ということを言う人にとって、つい抱きがちな悩みというのが、本を読んでいるものの、内容が頭に入ってこないというものがあるでしょう。そうなると、途中でどこまで何を読んでいたのかということもわからなくなってしまい、大変というものですね。

  • 読書を仕事につなげるには?

    読書はさまざまな体験を得られるものですが、暇な人が小説を読んでいるといった印象があるのも確かですね。確かに情報を得る手段というのは無数に広がっているわけですから、必ずしも読書とは限らないというのもあるかもしれません。

  • 自分を休ませる練習とは?

    世の中を生きるにあたって余裕がないという嘆きを抱える人は多いでしょう。それは時として、大きなストレスとなって自分に襲いかかってくることもありそうです。そこにおいて、必要なものは適度に自分を休ませていくということではないでしょうか。

  • 説明は速さで決まる

    ビジネスシーンにおいて必要とされるスキルはいくつかあります。そこにおいて、ひとつの重要なものとされているものは説明力ではないでしょうか。説明をする場面というのはどこにでも存在していますよね。外へ営業を行う場面はもちろんのことですし、あるいは社内においてもプレゼンテーションを行う機会はあるでしょう。

  • 話し方の損得とは?

    話し方というのは、普段何気ないものではありますが、どうしてもその人の癖やら本性といったものがふいにのぞかせるものではあるでしょう。そこにあるものは、本人が意識しないレベルのものであっても、はからずもその人を現しているといったこともありますね。

  • 投資としてのアートとは?

    アートというのは、価値を定めるのが難しいものです。しかしながら、海外においては投資の対象となっていることもあります。安い値段で買った作品が高騰することで、それを売りぬくことで利益を得るものですね。それは、なんとなく後ろめたい行為のように見えますが、それが行われるからこそ、アートシーン全体が活性化していくといったこともあるでしょう。

  • 飛行機座席、窓派、通路派?

    飛行機の座席において窓か通路かは2択と言えます。もうひとつ窓でも通路でもない真ん中の座席もあります。それぞれの座席にはメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

  • マイナス思考から抜け出す習慣とは?

    マイナス思考を持ちがちな人間というのは多くいますね。そこにおいては、どうすればいいのかといった、その時点で逡巡してしまう人も少なくないでしょう。やはりマイナス思考というのは波状的に、何度もめぐってくるものでもあるからです。それであるがゆえに、マイナス思考というのは、そもそも人間に深くまとわりつくものもであるとわかるでしょう。

  • 成田空港の歴史を知る

    成田空港に関する批判は多くのものがあります。まずは都心から遠いというものですね。京成電鉄のスカイライナーがもっとも早いアクセス手段ですが、そちらも上野駅や日暮里駅へアクセスする必要があります。JRの成田エクスプレスは遠回りです。さらに滑走路は現在は暫定滑走路とあわせて実質的に2本弱しかないため、飛行機の発着の回数などにも制限がかかっています。狭くて遠い空港ということになるのですが、なぜこのような空港ができあがってしまったのでしょうか。

  • 手ぶらで生きる方法とは?

    断捨離といったものがブームになって久しいです。常に、自分の身の回りを見渡してすっきりとさせてみるといったことは、ひとつの方法として模索されてみても良いでしょう。

  • 旧制大学とは何か?

    旧制大学と呼ばれるものがあります。これは、学校教育法の施行よりも前に存在していた大学全般を指す言葉です。学校教育法は1847年4月に施行されていますので、おおよそは戦前からある学校という扱いで良いでしょう。

  • 学歴詐称を見抜くには?

    2019年4月に、東京大学卒業を自称していた人が実際に入学歴も卒業歴もない学歴詐称をしていたことが話題となりました。学歴詐称をしている人というのは世の中にはそれなりの数がいるものと思われます。特に新卒ではなく中途採用などで会社へ入社した人は、卒業した大学の卒業証明書や成績証明書などを求められなかった経験があるのではないでしょうか。それならば詐称をしても良いのではないか、ばれないのではないかと思うかもしれませんが、これは問題です。

  • 一人勝ちメンタル術とは?

    世の中をうまく渡っていくためにはどうすればいいのかといったハウツー本というのは次から次に出版されています。ためになることが書いてありますが、なかなか自分にはフィットしないといったこともあるでしょう。そこにはどうしても他者との関わりといった人間関係の要素が出てくるのは確かでしょう。ついまわりと自分を見比べてしまうというそれですね。これは人間がどうしても陥ってしまうパターンであり宿痾であるとも言えますが、もうすこし気楽に考えてみても良いかもしれません。

  • 海外の公共図書館も便利?

    海外旅行に行くにあたって、どういった場所を訪れるでしょうか。やはり観光ガイドブックに載っているような定番スポットや、有名なレストランは訪れたいところですね。

  • 文系と理系はなぜわかれた?

    日本の学校教育においては大学進学を目指すにあたって、高校生の時点で文系と理系にわかれます。文系は国語や英語といった科目を重点的に、一方で理系は数学や理科といった科目が重点的に行われます。文系を選ぶ理由として数学が苦手だからというのもあるでしょう。あるいは文系において、どうしても英語が苦手という人もいますね。

  • 2種類のマカオ両替、どちらがお得?

    マカオへ行くと両替所に、2種類のレートが提示されています。「港幣」とあるのが香港ドルであり「葡幣」とあるのがマカオパタカです。両方の両替のレートは似ているようでいて、若干異なっています。パタカに変えた方がお得なレートになっていますが、注意は必要です。

  • 日本人最大の悩み?腰痛の正体を徹底追求する

    日本は世界有数の腰痛大国と言われています。日本整形外科学会による全国調査では、約3000万人、実に日本人の4人に1人が何らかの腰痛に悩んでいるということになります。しかも、この内の8割以上の人が「なんで痛いのかわからない」と答えているそうです。ご自分の周りにも(もしくはご自身も含め)、常日頃「腰が痛くて」と口癖のようにつぶやいている人、いるのではありませんか?

  • 何もない部屋で暮らす?

    部屋がもので溢れていて困ってしまうという人は多いでしょう。理想なのは何もない部屋で暮らすこと、と考えている人もいるかもしれません。そうしたシンプルな暮らしを送ることに憧れている人にとっておすすめな本がミニマルライフ研究会による『「何もない部屋」で暮らしたい』(宝島社)です。

1 / 133 1 2 3 4 5 最後 »