政治・経済

政治や経済の情報を紹介しています。

  • 美術館年間パスポートはお得?

    多くの美術館や博物館では年間パスポートを発行しています。けっこうなお値段がするので買うのにちゅうちょする人もいるでしょう。何回か来れば「元が取れる」ような価格設定になっていますが、なかなか足を運ぶ機会もないものです。果たして美術館の年間パスポートはお得なのでしょうか。

  • 日本の中で時差があったとしたら?

    日本は東西に長い島国です。そこではすべて同じ時間が設定されています。しかし、時差があってしかるべきな感覚もあるでしょう。たとえば夏場などは北海道の朝はとても早いです。3時過ぎから空がしらみはじめるほどです。北海道と沖縄ならば、最大で2時間くらいの時差がある感覚ではないでしょうか。

  • 「銭」はいつまで使われた?

    日本でお金を現す単位は円です。円の下には銭がありますが、これは一般的な商店の買い物などには使われていません。為替取引などで銭の単位を目にすることがあるくらいです。実際に銭はいつまで使われていたのでしょうか。

  • 日本の“サードウェーブコーヒー”はハマから乗ってやってくる郷愁の味?

    カフェでコーヒーを一杯、と言っても今やスタイルは様々です。 濃いめのローストでガッツリ飲ませるシアトル系コーヒーチェーン店もいまや全都道府県に行き届くまでに定着。 また近頃は更に個性あふれる付加価値を加えた“サードウェーブコーヒー”というワードが注目されています。 そんな多様な流れが相まみえる中、気になるカフェ「アバロンコーヒー(ABALLON COFFEE)」第1号店が横浜にオープンしました。

  • なぜ、参議院選挙にはタレントの候補者が多いのか?

    衆議院議員選挙は任期である4年に1度、もしくは解散がなされた場合に行われます。対して参議院議員選挙は3年に1度、半数ずつが改選されます。参議院議員選挙の特徴として、芸能人やスポーツ選手、あるいは文化人などの有名人、タレント候補が多く出馬しているということがあります。対して衆議院議員選挙ではそうした動きはあまり見られません。これはなぜでしょうか。

  • 被選挙権なぜ選挙権とズレ

    かつて選挙権は20歳以上とされていましたが、2016年から18歳へ引き下げが行われました。一方で、選挙に出馬が可能となる被選挙権は、衆議院議員が25歳以上、参議院議員が30歳以上とされています。そのほか、都道府県県会議員、市区町村議会議員、市区町村長は25歳以上、都道府県知事は30歳以上と定められています。選挙権と被選挙権の間にズレがあるのはなぜなのでしょうか。

  • 選挙のゼロ票確認とは?

    選挙にはさまざまなルールがあります。そのひとつに「ゼロ票確認」があります。これはどのようなものなのでしょうか。

  • 埼玉長野10キロのキス

    埼玉県はまわりを陸地に囲まれた海なし県として知られています。一体どの県に囲まれているのでしょうか。群馬県、栃木県、茨城県の北関東のほか、千葉県、東京都と接しており、さらに山梨県とも接しています。

  • 与党と野党の違いは?

    2017年9月28日に衆議院が解散され、10月に総選挙が行われることになりました。大義なき解散とも批判されていますが、総選挙では与党と野党が逆転する政権交代が目指されます。ここであらためて与党と野党とは何かを整理してみましょう。

  • 江戸っ子はどこまで?

    江戸っ子という言葉があります。気が短く、言葉が荒っぽいながらも人情に厚いところがある、そんな人たちが江戸っ子のステレオタイプなイメージでしょう。

  • 首都高速は高速じゃない?

    首都高速は、首都である東京のほか、神奈川、埼玉、千葉と一都三県にまたがって延びている道路の総称です。この首都高速には「高速」と名前がついていますが、その実「高速道路」ではありません。

  • 教育にはお金がかかる?

    昼間 たかしと鈴木士郎による『東京23区教育格差 』(マイクロマガジン社)は東京23区の教育格差に注目した本です。これまで学校ごとの実績を比較する本は多く存在していましたが、東京23区の教育格差をあらためて見直した本はなかなかないのではないでしょうか。

  • ドブ板選挙とは何か?

    ドブ板選挙という言葉があります。いまでは聞かれなくなった言葉ですが、これはどういったものなのでしょうか。

  • 日本各地の「鳥島」の由来?

    日本で一番南にある島は沖ノ鳥島、東にある島は南鳥島と呼ばれます。鳥島は、八丈島と小笠原諸島の間にある無人島ですが、なぜこれらの島が遠く離れた鳥島の名前をベースに付けられたのでしょうか。

  • 日本の一番東はどこ?

    日本は東西南北に幅の広い国です。陸地の面積は狭いですが、多くの島を持っているため、巨大な排他的経済水域を保有しています。

  • 速記なぜ必要?

    速記と呼ばれる行為があります。速記は、議会などの内容を、特殊な記号で記して、しゃべる速度と同じスピードで文字の記録を可能とするものです。速記官と呼ばれる専門の職員が速記を行い、それを文字に起こしています。国会のほか、裁判所にも速記官がいます。ただし、現在は新規募集は停止されており、これからは別の手段による記録に代わりつつあります。

  • 秋葉原なぜ家電の町?

    東京の秋葉原は、家電の町として知られています。現在では家電というより、オタク系のグッズを取り扱うショップが増えており、メイド喫茶なども多くなってきています。こうした町になる前、秋葉原はパソコンの町として知られていました。かつての秋葉原は、なぜそのような町だったのでしょうか。

  • 外国人が見た長寿社会日本

    日本は世界でも長寿といわれる国の一つです。それは日本人から見れば当たり前に見えるもので、なかなかその内容に迫ろうとは思いません。しかし、はたから見れば、なぜ日本は長寿社会なのかと疑問に思う人もいるでしょう。そうした問いに向き合った本がエクトル・ガルシアとフランセスク・ミラージェスによる『外国人が見つけた長寿ニッポン幸せの秘密』(エクスナレッジ)です。

  • 日本は縮小しているのか?

    日本はかつてに比べて豊かな国ではなくなったとはよくいわれています。底が抜けたという言葉も使われますね。日本はこの先どうなってゆくのだろうか。その未来に向き合った本が『縮小ニッポンの衝撃』 (講談社現代新書) です。本書はNHKスペシャルとして放送されたものを新書化したものです。データに基づく解説ばかりではなく、日本の今に向き合ったルポルタージュの形も取られています。

  • 「東京」と「東亰」の違いとは?

    古い東京の地図を読むと「東亰」の文字が記されていることがあります。これは「とうきょう」ではなく「とうけい」と読みます。明治の初期から、20年代まで用いられていました。

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »