政治・経済

  • 一部の地方選挙、なぜ翌日開票?

    選挙において一部の地方選挙では、翌日に開票がなされるところがあります。市町村議会議員や市町村長選挙などが当てはまりますね。なぜ開票が翌日に行われるのでしょうか。すぐに結果がわかった方が面白みや楽しみが多いのではないかと思うかもしれません。

  • 洋上投票制度とはなにか?

    選挙において、投票日当日に投票することができない人に向けて不在者投票が行われます。こちらは便利な制度だと言えるでしょう。さらに、日本にいない人であっても投票が可能です。その代表的なものが洋上投票でしょう。

  • 参議院議員、総理大臣になれない?

    日本の政治の歴史を見てみると、戦後の日本国憲法のもとではすべて衆議院議員から選ばれています。なぜ、参議院議員からは総理大臣になれないのでしょうか。

  • わかりやすい経済の話とは?

    経済というのは、実態がよくわからないものですね。特に資本主義経済においては要するにお金儲けだとう、と思うかもしれませんね。しかしながら、経済学の教科書を手にとってみようとすると、難しい用語が並んでいますから、つい投げ出してしまうといったこともあるでしょう。

  • 出口調査なぜ正確?

    選挙などが行われると、開票前に出口調査といったものが行われます。これは報道各社が独自に行っているものですが、かなり正確な数字が出ると言えるでしょう。そのため開票前に結果がわかってしまい、最後まで選挙速報を眺める楽しみがなくなってしまうといった人も多いでしょう。

  • 選挙の公認、推薦、支援の違いって?

    選挙が行われるたびに、特定の政党による公認、推薦、支援といったものが各候補者に対して出されています。これはどういった違いがあるのでしょうか。特に公認に関しては、事前の公認取り消しなどが話題になることもありますね。

  • 官房長官の官房って?

    官房長官と呼ばれる仕事があります。政府の広報担当として、記者会見に臨み、質問などに応じている人のことですね。さらに新元号を発表する人としても知られています。この官房長官は総理大臣のサポート役と言われており、将来の総理大臣候補が務めるとも言われています。

  • 山の手の意味は?

    東京の土地区分において、下町に対して山の手と呼ばれる地域があります。下町は庶民的な街に対して、山の手は高級住宅街と言ったおおよその区分けがあります。さらに山の手は東京都心の環状線である山手線の名称にもなっていますね。

  • スポーツによる街づくりとは?

    街づくりや、街おこしといったものは緊急の課題であるといえるでしょう。特に地方部においては経済力の低下と、さらに限界集落化といったものが進んでゆきます。そうした中において、まず進むべき道は何であるのか。単にコンサルタントにまかせているばかりではなく、自分たちで考えて動くということが大事とされているのではないでしょうか。

  • 首都移転議論の候補地は?

    首都移転は常に議論の俎上に載せられるテーマです。現在の首都である東京への一極集中が問題視されているためです。この首都はどこへ移転すべきと議論されているのでしょうか。

  • 環七、環八以外はある?

    東京都心部には環状七号線や、環状八号線と呼ばれる道路が通っています。環七はスピードが早いことで知られていますね。環八はのんびりとしているものの、渋滞が多いともいわれています。そこで気になることとして、ほかの環状線はあるのだろうかということがあるでしょう。

  • 池袋モンパルナスとは?

    池袋というと、渋谷や新宿に比べて少しマイナーな場所といったイメージがあります。しかし、時代によっては池袋が華やかな場所だった時代もありました。

  • 政治はわかりにくい?

    政治と聞いて思い浮かべるイメージはなんでしょうか。どこかとっつきづらいもの、といったことがまず来るでしょう。さらに自分には無関係なものとする人たちも多いですね。それ故に支持政党がなく、半数以上が無党派層といった日本の現状は納得できるものがあるでしょう。

  • 政治経済を5時間で学ぶ

    政治経済にはビジネスシーンにおいて社会常識として知っておくべき内容が多くあります。新聞やニュース番組などに触れている時にわからないフレーズに遭遇したことは誰しも経験としてあるでしょう。そうした時、とっさにネット検索をかけることは簡単ではありますが、そうしたものだけでは見えてこないものもあります。

  • 下北沢はなぜ若者の街?

    下北沢は若者に人気の街として知られています。そのため安い飲食店や古着屋などが立ち並んでいますが、この下北沢はなぜ若者の街となったのでしょうか。

  • 居場所の作り方を考える

    居場所というのは、決しておおっぴらに語られることはありません。それは、居場所を居場所と公言してしまえば、なんだか寂しい人が集まる場所といったイメージを持たれてしまいがちだからです。しかしながら、居場所というのは人間のありかたにとって、非常に大切な要素だと言えるでしょう。

  • フルサトを作ってみよう

    フルサトというのはあなたにはあるでしょうか。田舎がある人はよいとして、都市部に生まれて都市部に育った人には、帰るべき田舎や実家などはないという人も少なくないでしょう。しかしながら、そういう人も、フルサトがないからと諦めてしまうのは早計です。なければ作ればいい、そのようなシンプルな思考に向き合った本が伊藤洋志とphaによる『フルサトをつくる』 (ちくま文庫) です。

  • まちづくりはどのように行われる?

    まちづくりは話題のキーワードのひとつでしょう。これは地方再生などのキーワードにもなっています。しかしまちづくりというと、どうしても草の根的なものと行政的なものといった、小さなものと大きなものに引き裂かれているような印象があります。実際のまちづくりはどのようなプロセスで行われるのか。あるいはどのような要素が大切なのかを知ることは大切でしょう。

  • 80年代の東京を知る

    2010年代が終わろうとしている今、すでに失われつつある記憶や風景といったものがあります。それが近しい過去であればなおさらでしょう。

  • 団地の世界を知る

    日本国内には様々な懐かしいものがあります。特に、自分の生まれ育った記憶が宿る場所などではなおさらでしょう。

1 / 7 1 2 3 4 5 最後 »