日本の東西南北、自由に行ける限界は?

日本は四方を海に囲まれた島国です。そのため、東西南北海の端には島があります。日本の最北端は、領有を主張している北方領土の択捉島カモイワッカ岬になります。実効支配地域での最北端は、北海道の宗谷岬の沖合にある岩礁である弁天島です。最南端は、太平洋上の孤島である沖ノ鳥島で、最東端は南鳥島です。そして最西端は八重山諸島の与那国島の西崎となります。


自由に行けない?

しかし、これらの場所には誰でも気軽に行けるわけではありません。北方領土はロシアが実効支配をしていますし、宗谷岬の沖合の弁天島へもアクセスすることは困難です。さらに、南鳥島、沖ノ鳥島には特別な許可がなければ上陸できません。そのため、自由に行くことができるのは与那国島だけなのです。それでは、他の地域はどうなのでしょうか?

どこまで行ける?

公共交通機関や自動車、自転車、徒歩などの手段で自由に到達可能な東西南北の限界はどこになるのでしょうか。まず最北端は、北海道の宗谷岬となります。宗谷岬は北緯45度を越えた場所にあります。最南端は沖縄県の波照間島の高那崎です。この島は有人では日本でもっとも南にある島になります。最東端は、北海道の根室市にある納沙布岬です。最北端と最東端が北海道にあることになりますね。最西端は、与那国島の西崎です。自由に到達できる最西端の場所は、変わりません。

    
コメント