東京

  • 下北沢はなぜ若者の街?

    下北沢は若者に人気の街として知られています。そのため安い飲食店や古着屋などが立ち並んでいますが、この下北沢はなぜ若者の街となったのでしょうか。

  • 80年代の東京を知る

    2010年代が終わろうとしている今、すでに失われつつある記憶や風景といったものがあります。それが近しい過去であればなおさらでしょう。

  • 川崎は日本の縮図?

    神奈川県川崎市と聞いて思い浮かべるものはなんでしょうか。東京と横浜の間にある都市であり、工場が立ち並んだ労働者の街といったイメージがあるでしょう。さらには、2015年に発生した川崎市中1男子生徒殺害事件などにより、負のイメージを持っている人もいるかもしれません。

  • 両国駅と千葉の関係

    2018年1月より、JRの両国駅から千葉方面に向けて、サイクルトレイン「B.B.BASE」が走ると話題となっています。これは、電車に自転車を積んで内房線と外房線経由で南房総へ至る列車です。週末の朝に両国駅を出て、日帰りの自転車旅行が可能となるものです。

  • 川崎とは何かを考える

    川崎市は、多摩川を隔てて東京都に接する場所です。さらに横浜市とも接しています。さらに川崎は海岸線から、多摩川に沿って横に長く行政区画が伸びており、奥まったところには丘陵地帯を切り開いたニュータウンがあります。海沿いの川崎は労務者の町であり、工場地帯ですが、ニュータウンはまったく趣が異なっています。

  • 江戸っ子はどこまで?

    江戸っ子という言葉があります。気が短く、言葉が荒っぽいながらも人情に厚いところがある、そんな人たちが江戸っ子のステレオタイプなイメージでしょう。

  • 首都高速は高速じゃない?

    首都高速は、首都である東京のほか、神奈川、埼玉、千葉と一都三県にまたがって延びている道路の総称です。この首都高速には「高速」と名前がついていますが、その実「高速道路」ではありません。

  • 教育にはお金がかかる?

    昼間 たかしと鈴木士郎による『東京23区教育格差 』(マイクロマガジン社)は東京23区の教育格差に注目した本です。これまで学校ごとの実績を比較する本は多く存在していましたが、東京23区の教育格差をあらためて見直した本はなかなかないのではないでしょうか。

  • 秋葉原なぜ家電の町?

    東京の秋葉原は、家電の町として知られています。現在では家電というより、オタク系のグッズを取り扱うショップが増えており、メイド喫茶なども多くなってきています。こうした町になる前、秋葉原はパソコンの町として知られていました。かつての秋葉原は、なぜそのような町だったのでしょうか。

  • 「東京」と「東亰」の違いとは?

    古い東京の地図を読むと「東亰」の文字が記されていることがあります。これは「とうきょう」ではなく「とうけい」と読みます。明治の初期から、20年代まで用いられていました。

  • 東京を知るために

    東京とは、とても大きな都市です。東京都議会選挙は、国政を占うバロメーターともなりますし、東京都知事選は有名人が立候補するポピュリズムを体現する場となっています。

1 / 1 1