経済

日本経済、世界経済など経済に関する記事を紹介します。

  • 五円玉と国際化社会

    日本に来ている外国人が五円玉の使い方がわからず迷っていた話題がネットで取り上げられています。確かに五円玉は、日本の硬貨の中で唯一アラビア数字の記載がありません。

  • 10万円札なぜ作られない?

    日常生活の疑問として、日本の高額紙幣はなぜ1万円なのかという問いがあるでしょう。1万円以上の買物をすることもときにはあります。そんな時に10万円札や、5万円札があれば便利だと思ったことはないでしょうか。1000万円の買物をする時に、1万円札ならば1000枚用意しないといけませんが、10万円札ならば100枚で済みます。便利ではないかと思うかもしれませんが、そこには落とし穴があります。

  • 中国が今後も経済成長する3つの理由

    中国経済は30年以上の高度成長を遂げ いま成長鈍化の転換期を迎えています。 リーマンショックや日本のバブル崩壊になぞらえる 中国経済の悲観論者は数多くいます。 一方で今後も中国経済は成長を続けるという 楽観論があることも事実です。 今日

  • 安全な国、日本が危険な国になるとき

    比較的、低価格で医者に診てもらうことができるのも、暗い夜道をひとりで歩いていて安全なのも、「日本だから」ということを、住んでいる私たちはついつい忘れがちです。 「リスクを取らないリスク」の著者である堀古氏は、その安全が守られなくなる危険性を懸念しています

  • 家に外国人メイドがやってくる?

    政府の産業競争力会議ではでは外国人の人材を受け入れることが検討されており、その中で国家戦略特区において、外国人の活用範囲として、家事支援や介護にまで広げることが決定しました。つまり、自分の家にも外国人のメイドさんがやってくる可能性が出てきたのです。

  • いまそこにある危機 ユーロ危機を知り、日本経済を救え

    ここのところ、経済ニュースと言えばユーロ危機の話題で持ちきりです。ユーロの危機がなぜ日本経済や世界経済に影響を及ぼすのでしょうか?本書「ユーロ危機と超円高恐慌」で学んでみませんか? 2012年6月17日、ギリシャで行われた再選挙で緊縮財政派が勝利したこと

  • 円高?ドル安?ユーロ安?通貨の価値が変わる要因を調べてみた!

    外国為替市場が世間を騒がせている今日この頃。ユーロが11年半ぶりに「1ユーロ=96円台」に突入しました。2008年の終わりには170円近くあったユーロが約45%も下がるという事態。世間一般ではスペインやギリシャの先行きが分からないことによるリスク回避によるもの

  • 既に自国だけでは幸せになれない−貿易をすることのメリット−

    戦後の日本は貿易を中心に発展してきました。円高傾向で輸出産業にとって向かい風が強いと言われる中、ここ最近では円安が進み一時期1ドル=75円だったものが、1ドル=83円まで下がりました。円安傾向になると輸出する側にとっては有利なのですが、そもそも貿易とは何なので

  • サラリーマンは優秀でも公務員より安月給?日本の賃金格差の実態

    本来なら、同一労働・同一賃金・同価値の仕事内容であれば、同じ賃金が支払われるのが公平な賃金形態のはずです。しかし、そうした欧米型の給与の考え方は日本では定着しませんでした。そのため、日本には多くの賃金格差が存在します。そんな不自然とも言えるほどの賃金格差を紹介

1 / 1 1