後悔投票とは何か?

北欧のスウェーデンには後悔投票というシステムがあります。これはどういうものでしょうか。


やり直せる

後悔投票とは、日本でいえば期日前投票で投票した票を、のちになって訂正できるというものです。これにはどのようなメリットがあるでしょうか。まず、期日前投票で得ることのできなかった考える期間が増えるということがあげられるでしょう。スウェーデンの場合、期日前投票は、郵便を使って行われています。当日までに票が到着するように事前に投票しなければならず、あとで考え方が変わるということもあるでしょう。

投票はあくまで当日が本番

なぜ後悔投票制度が生まれたのかといえば、あくまでも本番の投票というのは投票日に行われるべきという原則的な考え方に基づくものです。これは投票者の利益を保障するというサービスではなく、あくまでも平等な選挙をきちっと行うという原則に基づいたものです。これにより結果的に投票者にとってメリットとなる後悔投票が生まれたのでしょう。一度投票してしまった人間を確認し票を修正するといったものは、選挙を運営する側にとっては二度手間であることは確かでしょう。それでも民主主義の原則にきちっとのっとって選挙を運営するという理念のもとに後悔投票が行われているのです。

「希望の声 アラン・クレメンツとの対話(アウンサンスーチー)」の詳細を調べる

    
コメント