政治

  • ドブ板選挙の「ドブ板」って?

    ドブ板選挙という言葉があります。これは昔から言われている、地に足をつけた選挙戦術のことを言いますが、いったいどういった意味があるのでしょうか。

  • 武器としての世論調査とは?

    世論調査というものがあります。ニュース番組などにおいてよく出てくるものですね。内閣支持率や、あるいは消費税増税の是非といったものまでありますね。それは世の中の意見を何かしらの方法で反映したものだと思われがちですが、実際はどうなのでしょうか。

  • 教養としての政治学とは?

    政治学とは、一見するとわかりにくい学問ですね。政治学を学んで政治家になるのかといった単純なイメージがありますが決してそうではありません。さらに政治学科というのは法学部の政治学科として設置されている一方で、政治経済学部の政治学科としても存在しています。政治は法律や経済などと密接な関連があることがわかりますね。

  • 一部の地方選挙、なぜ翌日開票?

    選挙において一部の地方選挙では、翌日に開票がなされるところがあります。市町村議会議員や市町村長選挙などが当てはまりますね。なぜ開票が翌日に行われるのでしょうか。すぐに結果がわかった方が面白みや楽しみが多いのではないかと思うかもしれません。

  • 洋上投票制度とはなにか?

    選挙において、投票日当日に投票することができない人に向けて不在者投票が行われます。こちらは便利な制度だと言えるでしょう。さらに、日本にいない人であっても投票が可能です。その代表的なものが洋上投票でしょう。

  • 参議院議員、総理大臣になれない?

    日本の政治の歴史を見てみると、戦後の日本国憲法のもとではすべて衆議院議員から選ばれています。なぜ、参議院議員からは総理大臣になれないのでしょうか。

  • 出口調査なぜ正確?

    選挙などが行われると、開票前に出口調査といったものが行われます。これは報道各社が独自に行っているものですが、かなり正確な数字が出ると言えるでしょう。そのため開票前に結果がわかってしまい、最後まで選挙速報を眺める楽しみがなくなってしまうといった人も多いでしょう。

  • 選挙の公認、推薦、支援の違いって?

    選挙が行われるたびに、特定の政党による公認、推薦、支援といったものが各候補者に対して出されています。これはどういった違いがあるのでしょうか。特に公認に関しては、事前の公認取り消しなどが話題になることもありますね。

  • 官房長官の官房って?

    官房長官と呼ばれる仕事があります。政府の広報担当として、記者会見に臨み、質問などに応じている人のことですね。さらに新元号を発表する人としても知られています。この官房長官は総理大臣のサポート役と言われており、将来の総理大臣候補が務めるとも言われています。

  • 首都移転議論の候補地は?

    首都移転は常に議論の俎上に載せられるテーマです。現在の首都である東京への一極集中が問題視されているためです。この首都はどこへ移転すべきと議論されているのでしょうか。

  • 政治はわかりにくい?

    政治と聞いて思い浮かべるイメージはなんでしょうか。どこかとっつきづらいもの、といったことがまず来るでしょう。さらに自分には無関係なものとする人たちも多いですね。それ故に支持政党がなく、半数以上が無党派層といった日本の現状は納得できるものがあるでしょう。

  • 政治経済を5時間で学ぶ

    政治経済にはビジネスシーンにおいて社会常識として知っておくべき内容が多くあります。新聞やニュース番組などに触れている時にわからないフレーズに遭遇したことは誰しも経験としてあるでしょう。そうした時、とっさにネット検索をかけることは簡単ではありますが、そうしたものだけでは見えてこないものもあります。

  • 社会を自分で考えるには

    反知性主義という言葉が使われ始めて久しいです。これはどのようなものなのか。アメリカのトランプ大統領や、日本国内で大阪府長、市長を歴任した橋下徹のような政治家が、市民の支持によるポピュリズムで誕生し反知性主義を象徴するとも言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

  • 政党名登録商標ある?

    民進党と希望の党が合流し、国民民主党となりました。これは台湾にある二大政党、国民党と民主党がそのまま合わさった名前であるということで、話題になっています。

  • 代議士は衆議院のみ?

    国会議員は代議士とも呼ばれます。国民を代表して議会の議論に参加する人といった意味合いがあるので、まさに憲法と民主主義の理念にかなった言葉であるといえるでしょう。しかし、代議士とは、実際には衆議院議員のみを指すものであり、参議院議員は該当しません。これはなぜでしょうか?

  • 無頼系独立候補とは?

    選挙は民主主義の原則として、被選挙権を満たす人ならば誰でも出馬可能です。しかしながら、誰でも出馬できるからと、多くの立候補者が乱立することを防ぐために、供託金が課されています。さらに選挙で一定の得票数が得られないと供託金が没収されるといったペナルティもあります。

  • 成熟困難社会とは何か?

    あなたは、大人でしょうか、子どもでしょうか。社会的に成人といわれる年齢は20歳です。ですが、まだ学校へ通っている人も多く、働いていたとしても完全に経済的に自立しているといえばまだ微妙な年齢でしょう。親にとって子どもはいつまでも子どもであり、そのため何歳になっても大人になれたという自覚がないという人も多いのではないでしょうか。さらに晩婚化なども相まって、大人になる基準はいつなのか、大人になるとはそもそも何なのかといった問いかけもあるでしょう。

  • 「銭」はいつまで使われた?

    日本でお金を現す単位は円です。円の下には銭がありますが、これは一般的な商店の買い物などには使われていません。為替取引などで銭の単位を目にすることがあるくらいです。実際に銭はいつまで使われていたのでしょうか。

  • なぜ、参議院選挙にはタレントの候補者が多いのか?

    衆議院議員選挙は任期である4年に1度、もしくは解散がなされた場合に行われます。対して参議院議員選挙は3年に1度、半数ずつが改選されます。参議院議員選挙の特徴として、芸能人やスポーツ選手、あるいは文化人などの有名人、タレント候補が多く出馬しているということがあります。対して衆議院議員選挙ではそうした動きはあまり見られません。これはなぜでしょうか。

  • 被選挙権なぜ選挙権とズレ

    かつて選挙権は20歳以上とされていましたが、2016年から18歳へ引き下げが行われました。一方で、選挙に出馬が可能となる被選挙権は、衆議院議員が25歳以上、参議院議員が30歳以上とされています。そのほか、都道府県県会議員、市区町村議会議員、市区町村長は25歳以上、都道府県知事は30歳以上と定められています。選挙権と被選挙権の間にズレがあるのはなぜなのでしょうか。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »