政治

日本や世界の政治事情、政治家、選挙、政治の思想など、政治に関する情報を紹介しています。

  • 政治はわかりにくい?

    政治と聞いて思い浮かべるイメージはなんでしょうか。どこかとっつきづらいもの、といったことがまず来るでしょう。さらに自分には無関係なものとする人たちも多いですね。それ故に支持政党がなく、半数以上が無党派層といった日本の現状は納得できるものがあるでしょう。

  • 政治経済を5時間で学ぶ

    政治経済にはビジネスシーンにおいて社会常識として知っておくべき内容が多くあります。新聞やニュース番組などに触れている時にわからないフレーズに遭遇したことは誰しも経験としてあるでしょう。そうした時、とっさにネット検索をかけることは簡単ではありますが、そうしたものだけでは見えてこないものもあります。

  • 社会を自分で考えるには

    反知性主義という言葉が使われ始めて久しいです。これはどのようなものなのか。アメリカのトランプ大統領や、日本国内で大阪府長、市長を歴任した橋下徹のような政治家が、市民の支持によるポピュリズムで誕生し反知性主義を象徴するとも言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

  • 政党名登録商標ある?

    民進党と希望の党が合流し、国民民主党となりました。これは台湾にある二大政党、国民党と民主党がそのまま合わさった名前であるということで、話題になっています。

  • 代議士は衆議院のみ?

    国会議員は代議士とも呼ばれます。国民を代表して議会の議論に参加する人といった意味合いがあるので、まさに憲法と民主主義の理念にかなった言葉であるといえるでしょう。しかし、代議士とは、実際には衆議院議員のみを指すものであり、参議院議員は該当しません。これはなぜでしょうか?

  • 無頼系独立候補とは?

    選挙は民主主義の原則として、被選挙権を満たす人ならば誰でも出馬可能です。しかしながら、誰でも出馬できるからと、多くの立候補者が乱立することを防ぐために、供託金が課されています。さらに選挙で一定の得票数が得られないと供託金が没収されるといったペナルティもあります。

  • 成熟困難社会とは何か?

    あなたは、大人でしょうか、子どもでしょうか。社会的に成人といわれる年齢は20歳です。ですが、まだ学校へ通っている人も多く、働いていたとしても完全に経済的に自立しているといえばまだ微妙な年齢でしょう。親にとって子どもはいつまでも子どもであり、そのため何歳になっても大人になれたという自覚がないという人も多いのではないでしょうか。さらに晩婚化なども相まって、大人になる基準はいつなのか、大人になるとはそもそも何なのかといった問いかけもあるでしょう。

  • 「銭」はいつまで使われた?

    日本でお金を現す単位は円です。円の下には銭がありますが、これは一般的な商店の買い物などには使われていません。為替取引などで銭の単位を目にすることがあるくらいです。実際に銭はいつまで使われていたのでしょうか。

  • なぜ、参議院選挙にはタレントの候補者が多いのか?

    衆議院議員選挙は任期である4年に1度、もしくは解散がなされた場合に行われます。対して参議院議員選挙は3年に1度、半数ずつが改選されます。参議院議員選挙の特徴として、芸能人やスポーツ選手、あるいは文化人などの有名人、タレント候補が多く出馬しているということがあります。対して衆議院議員選挙ではそうした動きはあまり見られません。これはなぜでしょうか。

  • 被選挙権なぜ選挙権とズレ

    かつて選挙権は20歳以上とされていましたが、2016年から18歳へ引き下げが行われました。一方で、選挙に出馬が可能となる被選挙権は、衆議院議員が25歳以上、参議院議員が30歳以上とされています。そのほか、都道府県県会議員、市区町村議会議員、市区町村長は25歳以上、都道府県知事は30歳以上と定められています。選挙権と被選挙権の間にズレがあるのはなぜなのでしょうか。

  • 選挙のゼロ票確認とは?

    選挙にはさまざまなルールがあります。そのひとつに「ゼロ票確認」があります。これはどのようなものなのでしょうか。

  • 与党と野党の違いは?

    2017年9月28日に衆議院が解散され、10月に総選挙が行われることになりました。大義なき解散とも批判されていますが、総選挙では与党と野党が逆転する政権交代が目指されます。ここであらためて与党と野党とは何かを整理してみましょう。

  • ドブ板選挙とは何か?

    ドブ板選挙という言葉があります。いまでは聞かれなくなった言葉ですが、これはどういったものなのでしょうか。

  • 速記なぜ必要?

    速記と呼ばれる行為があります。速記は、議会などの内容を、特殊な記号で記して、しゃべる速度と同じスピードで文字の記録を可能とするものです。速記官と呼ばれる専門の職員が速記を行い、それを文字に起こしています。国会のほか、裁判所にも速記官がいます。ただし、現在は新規募集は停止されており、これからは別の手段による記録に代わりつつあります。

  • 外国人が見た長寿社会日本

    日本は世界でも長寿といわれる国の一つです。それは日本人から見れば当たり前に見えるもので、なかなかその内容に迫ろうとは思いません。しかし、はたから見れば、なぜ日本は長寿社会なのかと疑問に思う人もいるでしょう。そうした問いに向き合った本がエクトル・ガルシアとフランセスク・ミラージェスによる『外国人が見つけた長寿ニッポン幸せの秘密』(エクスナレッジ)です。

  • 日本は縮小しているのか?

    日本はかつてに比べて豊かな国ではなくなったとはよくいわれています。底が抜けたという言葉も使われますね。日本はこの先どうなってゆくのだろうか。その未来に向き合った本が『縮小ニッポンの衝撃』 (講談社現代新書) です。本書はNHKスペシャルとして放送されたものを新書化したものです。データに基づく解説ばかりではなく、日本の今に向き合ったルポルタージュの形も取られています。

  • 社会調査のウソを見抜く

    インターネットや、あるいはテレビ、新聞などで、社会調査の結果が紹介されることは多くあります。よく知られているものとしては内閣支持率の推移などがあげられるでしょう。しかし、こうしたデータの中には、ウソが多分に含まれていることもあるのです。そのウソは、明らかなウソというよりは、社会調査の方法論によって巧妙に仕組まれたものです。

  • 霞が関文学とは何か?

    森友学園問題を受けて、安倍昭恵夫人がフェイスブックに投稿した文章が霞が関文学であると話題になりました。かねてより、いわれている霞ヶ関文学とはどのようなものなのでしょうか。

  • 政府専用機の設備は?

    世界各国には政府専用機と呼ばれる飛行機があります。大統領や首相をはじめとする要人が乗る飛行機です。

  • 米大統領選と選挙人

    2016年のアメリカ大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプが当選しました。選挙速報などを見ると、アメリカ全土が共和党の色である真っ赤にそまっています。それでも、民主党のヒラリークリントンも票数では拮抗しています。これはなぜでしょうか。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »