出口調査なぜ正確?

選挙などが行われると、開票前に出口調査といったものが行われます。これは報道各社が独自に行っているものですが、かなり正確な数字が出ると言えるでしょう。そのため開票前に結果がわかってしまい、最後まで選挙速報を眺める楽しみがなくなってしまうといった人も多いでしょう。

なぜ正確なのか?

この出口調査というのはなぜかなり正確な数字が出るのでしょうか。出口調査は、投票所から出てきた人にお願いしてアンケートをしてもらうことになります。この時点で出口調査を断る人というのは除外されています。それでありますから、出口調査に応じたとしてもデタラメを書く人というのは少ないと言えるでしょう。さらに、一定のサンプル数をとっているわけですから、そうしたデタラメな人がいたとしても誤差の範囲内となるのです。

期日前投票は不可能

ただ出口調査にもデメリットがあって、期日前投票に関する調査が困難な点が挙げられますね。期日前投票の開票というのは一般の開票に遅れて行われますから、そこで数字を予測するのが困難となるわけです。もちろん、ある程度の予測はつくのでしょうが、選挙の途中で風向きが変わるといったこともあるわけですから、期日前投票の調査が難しいと言われています。この数字を読み誤って、テレビ局の開票速報で間違った予想を出してしまうといったこともよくあるようです。