日本は縮小しているのか?

日本はかつてに比べて豊かな国ではなくなったとはよくいわれています。底が抜けたという言葉も使われますね。日本はこの先どうなってゆくのだろうか。その未来に向き合った本が『縮小ニッポンの衝撃』 (講談社現代新書) です。本書はNHKスペシャルとして放送されたものを新書化したものです。データに基づく解説ばかりではなく、日本の今に向き合ったルポルタージュの形も取られています。


少子高齢化

本書がもっとも念頭に掲げているものは、もはや避けられない状況へと至りつつある少子高齢化です。具体的に日本の人口はどのようになってゆくのでしょうか。取材班によれば、2053年には日本の人口は1億を切ってしまい、2065年には8088万人になるといわれています。およそ、50年間で5000万人近い人口が減るのです。当然経済力は落ちますし、そのほとんどが老人となった時、この国はどうなっているのでしょうか。

地方自治体を取材

本書では、すでに限界集落として、少子高齢化を迎えている地方自治体を取材した具体的なレポートが記されています。データとして説明されてもよくわからないという人は、すでに近未来の姿として、少子高齢化が出現した地方自治体を見ることでリアリティが湧いてくるでしょう。

    
コメント