洋上投票制度とはなにか?

選挙において、投票日当日に投票することができない人に向けて不在者投票が行われます。こちらは便利な制度だと言えるでしょう。さらに、日本にいない人であっても投票が可能です。その代表的なものが洋上投票でしょう。

FAXによる投票

洋上投票とは、遠洋漁業などで長い間海外に出ている人に向けての投票制度です。1999年に公職選挙法の一部が改正されて可能となりました。こちらは船員が船長に洋上投票を申し出て、船長がとりまとめてFAXを通して投票を管理します。こうした遠隔投票というのはこれまで行われていませんでしたが、便利な世の中になりましたね。

海外からの投票も

さらに、海外からの投票については、昔から行うことができました。海外に住んでいる人でも、国政選挙に参加できるようになっています。条件としては日本国籍を有しており、なおかつ、出国前に市区町村の選挙人名簿に登録されている人に限られています。

いつでも行けるわけではない?

こうした多様な投票制度が誕生してきた背景にあるものとしては、投票日を日曜日に設定していたとしても、必ずしもその日に投票ができるわけではないというが理由あるでしょう。同じ日本でも様々な働き方があるわけですから 、やはり選挙はフレキシブルな投票制度があって然りだと思えます。インターネット選挙の解禁などを含めて、今後議論されるべきでしょう。