ドブ板選挙とは何か?

ドブ板選挙という言葉があります。いまでは聞かれなくなった言葉ですが、これはどういったものなのでしょうか。


戸別訪問をする選挙

ドブ板選挙のドブ板とは、それぞれの家を戸別訪問する選挙をさします。家の前にある側溝にはりめぐらされたドブ板を渡ったことからこの名前がつけられました。選挙を大きな組織の動員力などに頼ることなく、汗を流して地道な努力を積み重ねて行う、といった意味で使われます。かの総理大臣の田中角栄は「歩いた家の数、手をにぎった数しか票はでない」という政治信条があったそうです。

戸別訪問は禁止?

しかし、現在では公職選挙法で戸別訪問は禁止されています。しかしながら抜け道があって、個別に家をまわって「何か今の政治に不満はありませんか」「ご要望はありませんか」と訪ねることは合法とされています。当然、候補者の名前や顔は認知されるわけですから、問題はないといえるでしょう。

現代のドブ板選挙?

いまではすっかり聞かれなくなったドブ板選挙という言葉ですが、戸別訪問にかわって、草の根の勝手連的な運動や、あるいはインターネットによる情報の拡散などは、現代のドブ板選挙といえるかもしれません。

    
コメント