100キロマラソン、歩けば余裕?

『24時間テレビ』では、毎年チャリティマラソン企画が行われています。その距離は100キロがひとつの基準となっています。年齢層が高めの人は少なめに、若い人は多めの距離を走ることが多いようですね。この企画の醍醐味といえば、放送時間ギリギリのゴール場面でしょう。


24時間で100キロは余裕?

番組を見ている人の中には、素朴な疑問も浮かぶ人もいるのではないでしょうか。人間の歩く速度は時速4キロほどと言われていますから、歩き続ければ4キロ×24時間で96キロになります。ある程度早歩きをすれば余裕でゴールできるかもと思うかもしれません。

体力を奪う

しかし、人間の体はそれほど単純にできているわけではありません。休憩時間も必要ですし、24時間歩き続けるのは至難の業でしょう。さらに、24時間動き続けると言っても、室内で働くのか、外で働くのかでは大きな違いですよね。このように、思っているよりも24時間マラソンは過酷なものなのです。

余裕ではない?

インターネット上には実際に24時間で100キロ歩けるかといった企画にチャレンジした人の報告も記されています。それを見ると、やはり最初のうちは大丈夫に思えるようですが、時間が経つにしたがって疲労の蓄積が来るようです。やはり24時間で100キロ、しかも夏場にというのは困難なチャレンジと言えるかもしれません。

    
コメント