エンタメ・スポーツ

エンタメ好きの人のための、ドラマ、視聴率などのテレビ情報、アイドル、タレント、お笑い芸人などの芸能情報、スポーツ、ゲームなど多様なエンタメ情報を紹介します。

  • アジア音楽の最前線を知る

    アジアの音楽というと、どういったものを思い浮かべるでしょうか。伝統的な楽器を用いたトラディショナルな民族音楽、あるいはDTMが全開のダンスミュージック、といった両極端なイメージがあるのではないでしょうか。そのどちらもアジアの音楽には存在します。あらゆる音楽を取り込んでゆく雑食性がアジア音楽の魅力だと言えるかもしれません。

  • 日比谷野音の使用料金は?

    日比谷野外音楽堂は、多くの音楽イベントが行われてきた場所です。さらに野外音楽堂と名前がついているだけあり、外に音が漏れ聞こえてくるため、チケットを取れなかったファンが「外聞き」をするために集まることもあるようです。

  • フィッシュマンズなぜ海外で受ける?

    インターネット上で、フィッシュマンズが海外で受けていると話題になっています。アメリカの音楽チャートで、世界中の音楽の中でトップ100に食い込む成績を残しています。フィッシュマンズと言えばヴォーカルでありフロントマンであった佐藤伸治が1999年3月15日に亡くなり、その後はゲストヴォーカルを迎えて維持されているバンドです。夏フェスなどではおなじみのグループだと言えます。

  • ラジオ英会話の魅力

    ラジオはさまざまなプログラムを発信していますが、そのひとつにNHKラジオが提供するお勉強系の番組があります。その中でも、語学系は人気のジャンルです。ラジオ英会話は語学系ラジオではもっともメジャーなものではないでしょうか。

  • 「LF+R」とは何か?

    ニッポン放送は関東のAM放送局の老舗というべき存在です。特に深夜番組の『オールナイトニッポン』は、同局を代表する名物番組だと言えるでしょう。

  • 70ミリフィルムの魅力は?

    国立映画アーカイブで開催される、スタンリー・キューブリック監督による名作映画『2001年宇宙の旅』の70ミリフィルム上映が話題となっています。チケットが即日完売など、大人気です。

  • 野鳥の会紅白カウント担当していない?

    『NHK紅白歌合戦』は、年度末の恒例行事であると言えるでしょう。この紅白にはさまざまな名物風景があります。そのひとつが日本野鳥の会による、観客審査のカウントです。双眼鏡をのぞきながら、カチカチとカウントする職人芸を目にしたことがある人も多いでしょう。

  • 東京オリンピックとピクトグラム

    ピクトグラムというものがあります。言葉や人種などに関係なく、目で見てそれだとわかるイラストのイメージのようなものだと考えればよいでしょう。トイレマークや銀行マーク、あるいはレストランのマーク、電話の場所などが該当します。これらはすべてメイドインジャパン、日本発祥のものだということをご存知でしょうか。

  • ウォークマンはソニーだけ?

    携帯型音楽プレイヤーは、どこにいても音楽が聴ける便利な代物です。現在はデータを入れたものを持ち運ぶ、あるいはストリーミングでスマートフォンなどで聴くという人が多いでしょう。

  • 100キロマラソン、歩けば余裕?

    『24時間テレビ』では、毎年チャリティマラソン企画が行われています。その距離は100キロがひとつの基準となっています。年齢層が高めの人は少なめに、若い人は多めの距離を走ることが多いようですね。この企画の醍醐味といえば、放送時間ギリギリのゴール場面でしょう。

  • 唱歌の歴史を知る

    唱歌とはなんでしょうか。唱歌は、誰もが口ずさめる歌でありながら、時代を反映しているものがあったり、政治的なメッセージがあったりといった、さまざまな裏テーマが存在します。

  • radikoのエリアフリーのメリットは?

    インターネット回線を通してラジオ放送が聴けるradikoは便利なサービスとして知られています。その中でも、エリアフリーは有料ではありますが、全国のラジオ局の放送が聴き放題なお得なサービスです。もちろん一定期間内ならば、過去の放送を聴けるサービスもあります。radikoのエリアフリー放送のメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

  • 天才ではない人が生きる道は?

    天才という言葉は諸刃の剣です。天才だから何かを成し遂げなければいけないといったプレッシャーがあるのはもちろんのこと、天才なのにだめになったと辛い評価を向けられがちです。

  • 奥深き一発屋の世界

    一発屋芸人とは、文字通りギャグやキャラクターなどで一世を風靡するものの、瞬く間にテレビから消えてしまった芸人たちを言います。自らも一発屋芸人を名乗る髭男爵の山田ルイ53世が、そんな悲しい一発屋芸人の肖像に迫った本が『一発屋芸人列伝』(新潮社)です。

  • パリダカのルートはどこ?

    パリ・ダカールラリーといえば名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。有名な自動車レースで、世界一過酷なモータースポーツ競技とも言われています。砂漠の中を駆ける車の姿を目にしたことがある人も多いでしょう。このレースはどのルートを通っているのでしょうか?

  • カセットテープの魅力とは?

    カセットテープとは、CD以前の古いメディアといったイメージがあります。しかしながら、最近では新しい作品でカセットテープが発売されるなど、その存在価値が復権しつつあります。

  • クラブ再入場禁止なぜ?

    大音量で音楽がかかっているクラブは、都市型のおしゃれなスポットとして人気があります。お気に入りのクラブなどがある人も多いでしょう。最初は敷居が高いのですが、いざ入ってみると居心地の良さを感じる場合もあるでしょう。

  • イギリス、ワールドカップはなぜ別?

    サッカーのワールドカップには、国ばかりではなく地域単位でも出場を果たしています。イギリスではなくイングランドとして出場していることはよく知られているでしょう。さらにイギリスは、イングランドのほかにもスコットランド、ウェールズ、北アイルランドが地域ごとに出場しています。このほかにも海外領土である、モントセラト、イギリス領ヴァージン諸島、ケイマン諸島、タークス・カイコス諸島、バミューダ諸島、アンギラと、6地域もあります。イギリスだけで実に10チームが存在することになります。

  • 佐藤優、15歳の旅

    佐藤優は元外務省主任分析官で現在は作家として活躍する人物です。多くのジャンルの本を手がけていますが、中学、高校、大学、大学院から新人外交官時代にかけての自身の青春記も多く記しています。そんな数ある佐藤優の青春録の最高傑作といえるものが『十五の夏』(幻冬舎)です。

  • 開高健のエッセイを味わう

    開高健は小説家として知られますが、同時に多くのエッセイを記しました。その内容は趣味のグルメや釣りといったものから、戦後の動乱期を過ごした大阪の風景、戦地に赴いたベトナム戦争など、多岐にわたります。

2 / 39 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »