ゲーム化された安室奈美恵

90年代にはさまざまなブームがありましたが、そのひとつに安室奈美恵ブームがありました。もともと、沖縄出身のスーパーモンキーズの一人としてデビューした彼女が、グループから独立し、さらに小室哲哉プロデュースの楽曲で、多くのヒット曲を連発し、19歳で結婚に至る波乱万丈の人生を送ったのです。彼女の格好を真似するアムラーと呼ばれるファッションも話題となりました。


ゲームになっている

そんな安室奈美恵現象、アムラー現象を象徴するもののひとつとしてゲーム化があります。安室奈美恵がゲームになったのです。1997年1月に発売され、タイトルは『安室奈美恵:デジタルダンスミックス』なるもので、セガサターンの専用ソフトとして発売されました。このタイトルはコンビニで限定販売され、2800円という格安の値段も話題となりました。

どんなゲームだった?

この作品はゲームというよりは、安室奈美恵の楽曲をCG(コンピューターグラフィックス)で楽しむ作品といえるかもしれません。CGキャラクターの安室奈美恵が曲にあわせてダンスを行い、プレイヤーはそのアングルを自由に設定できるといったものです。あとは申し訳程度にミニゲームがついているので、遊びたいユーザーにとっては物足りないものだったかもしれません。

    
コメント