PC-FXとは何か?

かつて多くのゲーム機が誕生し消えてゆきました。そんな中のひとつがNECが開発したPC-FXでしょう。


ライバルはプレステ、サターン

PC-FXの発売日は1994年の12月23日です。同時に発売されたものはソニーのプレイステーションとセガのセガサターンです。これはどう見てもかなうわけがありません。この2つに売上では大きく引き離されることになります。のちにプレステとサターンの戦争も、ソニーの勝利に終わります。

どんなメリットが?

PC-FXにはどのようなメリットがあったのでしょうか。まず、ソフトの読み込みにはCD-ROM方式を採用していたため、ゲーム機本体をCD-ROMドライブとして使えるという機能がありました。これは現在ならば当たり前の機能かと思うかもしれませんが、当時はCD-ROMドライブ自体が新しく高価なものでしたから、ゲームにも使えてパソコンにも使えるというのは大きなメリットだったのです。例えば音楽CDをパソコンで聴くということも新しい行為だったのです。

ソフトがない

PC-FXは人気のソフトがそろわなかったことも成績不振の原因となりました。もともとパソコンゲームで人気のあった美少女ゲームなどはとりそろえていましたが、誰もが楽しめるソフトがなかったのは大きな敗因といえるでしょう。

「スラムダンク「宮城リョータ」には予知能力があった」の詳細を調べる

    
コメント