映画、予告編なぜある?

映画を観に行くと大抵の場合、予告編が用意されています。本編の上映前に10分ほどの予告編が流されますが、これはなぜあるのでしょうか。


宣伝効果が大きい

予告編があるのはやはり宣伝効果の大きさがあるといえるでしょう。テレビ番組を録画していた場合はCMはスキップして飛ばしてしまうといったことがほとんどでしょう。しかしながら映画の予告編は、ほとんどの観客が席についているので多くの人の目に留まります。実際に予告編の出来、不出来によって観客の動員数に違いが出るといった謂れもあるようです。

助走段階

さらには映画の予告編は、本編がはじまる前の助走段階として位置づけられるとも言えるでしょう。いきなり本編がはじまるということになってしまっては、なかなか作品の世界に入り込めないといったこともあります。幕があがる前に場を温めるような、いわば前説的な役割を映画の予告編は担っていると言えるかもしれません。

予告編で間に合わす

さらに現代人は忙しいので数分程度の遅刻をするといったこともよくあります。そうしたときに映画の予告編があれば、本編の上映に間に合うということでしょう。このように映画の予告編は映画本編に対してさまざまな役割を併せ持っていると言えるでしょう。

    
コメント