エガちゃんにとって「角川映画とは何か?」

映画好きなら外せないのが角川映画。この角川映画にすごい思い入れがある芸人がいます。それが江頭2:50ことエガちゃんです。エガちゃんにとって角川映画とはどんな映画なのでしょうか?


角川映画は胸キュン映画

エガちゃんにとって、角川映画とは「胸キュン映画」です。パチンコに例えるなら、「キュン!」って音が鳴ったらフィーバー確定。そして、「キュン!! キュン!! キュン!!」って鳴ったら確変決定。角川映画は観るたびに胸が「キュンキュン!! キュンキュン!!」って鳴ってた。

角川映画の全盛期は、ちょうどエガちゃんの青春時代です。しかも角川映画には、「犬神家の一族」や「蒲田行進曲」のような、エガちゃんが語るまでもない傑作や、監督がりんたろう、キャラクターデザインが大友克洋と豪華メンバーを揃えた「幻魔大戦」のようなアニメ作品、薬師丸ひろ子、原田知世主演の甘酸っぱいアイドル映画まで、ありとあらゆる映画が用意されていました。

だから、公開時に観れなかった人はもちろん、当時を知らない人も、一度でいいから角川映画を体験してみましょう。必ず胸キュンする映画が見つかるはずです。

エガちゃんおすすめの角川映画3選

エガちゃん的に、角川映画で絶対に押さえておいてもらいたいのが「戦国自衛隊」、「人間の証明」、「野獣死すべし」の3本です。

エガちゃんの映画論侮れない…本書にはエガちゃんがおすすめの映画も詳細に書かれているので要チェック!

「江頭2:50のエィガ批評宣言(江頭2:50)」の詳細を調べる

    
コメント