ゼロ号試写とは何か?

公開される映画には試写と呼ばれるイベントがあります。主にマスコミ関係者向けに開かれるイベントであり、招待状を受け取ったマスコミ関係者が試写へおもむき、観た映画の内容を、雑誌や新聞の記事にすることで、映画配給会社にとっては宣伝となります。このマスコミ試写の前に、さらに内輪の関係者に向けて開かれるゼロ号試写と呼ばれるイベントがあります。


誰が招待される?

ゼロ号試写は、大きな映画館を貸しきるといったことは行われません。映画配給会社の会議室の一室が使われるといったこともあります。招待される人数も多くて数十人といったところでしょうか。ゼロ号試写は、映画のお披露目的な意味合いがあるので、映画監督はもとより、脚本家や編集マンなどの関係者、さらには映画評論家などが参加します。ゼロ号試写で流される内容は、完成品ではありません。そこで、色味のチェックなどが行われ、最終的な調整が行われるのです。

文句は言えない?

ゼロ号試写に限らず映画の試写というのは、映画配給会社が特定の人間に招待状を送ることで成り立っています。そのため、厳しい意見や正直な意見を書いてしまうと、以降試写に呼ばれなくなるといったことも行われています。よく宣伝がなされている映画を実際に見てみたら大味だったといったことがあります。それはこうした、映画業界の試写事情が背景にあるといってもいいでしょう。

「北野映画の特徴とは?」の詳細を調べる

    
コメント