遅咲きの名人、米長永世棋聖の一生

日本将棋連盟の公式サイトの「会長」の画像を見たことはありますか? 一時、ネットでも「Wピースをする会長」として話題になったのは米長邦雄さん。しかし2012年12月18日、前立腺がんのためこの世を去りました。「永世棋聖」の名を持っていた米長さんですが、実は遅咲きの棋士でもあったのです。


■「相手を全力で負かす」米長哲学

はたから見ても、息をのむほどの集中力と精神力で挑む対局。この緊張感の中で米長さんは「自分にとっては消化試合でも、相手にとって重要な対局で有れば、相手を全力で負かす」という理念で臨んでいたといいます。将棋界では「米長哲学」と呼ばれていました。その一方で、日本将棋連盟の役員の紹介画像にWピースをした自分の画像を使うなど、ユニークな行動や発言に人気がありました。

■棋士の中ではのんびりとした出世

米長さんが初タイトルを取ったのは1973年、30歳の時でしたが、これは棋士の中では遅い出世でした。やがて、名人戦に挑むようになりましたが、7度目の挑戦でようやく名人を勝ち取ることができました。この時、米長さんは49歳11か月と、史上最年長での名人だったのです。しかし、ようやく獲った名人位も、翌年には羽生善治に奪われてしまいます。50歳で名人位を失ったのも、最年長記録となってしまったのです。

■コンピューターとの真剣対局が話題に

その後の棋聖戦に挑戦し、勝者となったのは1984年。それから棋聖位を通算5期以上維持し、永世棋聖の称号を獲得することとなりました。2003年に引退し、2005年に日本将棋連盟の会長に就任。つい最近では、2012年1月にコンピューター将棋「ボンクラーズ」との対局にのぞみましたが、負けてしまいます。それでも明るくふるまう米長さんでしたが、その一方で、がんを発症し、闘病生活を続けていました。

途中で去る人がいてもおかしくないほどの厳しさを持つ将棋の世界。その中でも継続した努力を続けていたことは言うまでもありません。それだけをとっても、不断の努力を続けていた米長さんの「米長哲学」が多くの棋士に支持されている理由がよくわかるような気がします。

「才能とは続けられること」(羽生 善治)の詳細を調べる

    
コメント