音楽・ミュージック

  • 夏フェス文化のはじまりはいつ?

    夏の恒例行事といえば、夏フェスではないでしょうか。複数の人気ミュージシャンを一度に見られるお得なイベントとして意識している人も多いでしょう。さらには、食事やキャンプといった音楽以外の要素でも楽しみが多いという人もいるでしょうね。すっかり日本の夏に定着したイメージがある夏フェスですが、どのような歴史があるのでしょうか。

  • ディスクユニオンが店内在庫検索をやめた理由

    ディスクユニオンは、音楽好きな人ならばおなじみのお店でしょう。CDばかりではなくレコードやカセットテープ、さらには音楽関連の書籍や雑誌まで網羅しています。さらには音楽機器などもそろっており、まさに音楽好きの音楽好きのためのお店だと言えます。

  • ロックフェスは無理をしない?

    ロックフェスティバルといえば、夏の恒例行事でしょう。伝統あるフジロックフェスティバルや、ロックインジャパンフェスティバルのほか、日本各地でオリジナルのロックフェスが開催されています。そこにおいては、毎年楽しみにしているフェスがあるという人もいるでしょう。

  • オートリバース機能がなくなる?

    ある世代の人以上にとってはカセットテープなおなじみのメディアでしょう。A面とB面といった区分けや、さらに編集も比較的用意であるため、オリジナルテープを作った思い出もあるかもしれません。

  • CD、DVDは永久メディアではない?

    CDやDVDというのは、永久に保存ができるメディアだと思われがちです。しかしながら、必ずしもそうとは限りません。

  • 海外の音楽フェスを知る

    夏の恒例行事と言えば各地で開催されるロックフェスでしょう。一度に有名なミュージシャンを見られる場所として、重宝している人も多いのではないでしょうか。さらにはフェスの雰囲気そのものが好きという人も多く、特に国内再最大級のロックフェスとも言えるフジロックフェスティバルの人気は高いと言えるでしょう。

  • シェラックレコードとは?

    現在、音楽業界はレコードブームです。アナログなレコードに物理的に保有することのできる喜びといったものが見出されてい現在、音楽業界はレコードブームです。アナログなレコードに物理的に保有することのできる喜びといったものが見出されているのかもしれません。そうした傾向は、これからも続いていくことでしょう。るのかもしれません。そうした傾向は、これからも続いていくことでしょう。

  • 8トラとは何か?

    さまざまな記録媒体が現れては消えています。カセットテープはアナログなメディアとしては、まだまだ現役と言えるでしょう。アナログレコードなどもまたしかりです。そうしたなかで、一時期はあったものの消えてしまったメディアとして8トラがあります。

  • 海外でニューミュージックが人気?

    アナログレコードは世界的なブームと言えます。これは何も日本に限った現象とは言えない段階にきています。

  • レコードはなぜ値上がりする?

    レコードというのは今やアナログブームとなっています。過去のさまざまな名作がレコード化されることもあるでしょう。

  • ベストアルバムは望まれない?

    ミュージシャンにとってベストアルバムとはどのようなものなのでしょうか。ヒット曲が多く入っているということもあって、聴く人、リスナー、ファンにとってはオトクな作品といったイメージもありますが、実はミュージシャンにとってはそれは決して、同じ思いではないようです。

  • モンド・ミュージックとは?

    モンド・ミュージックと呼ばれる分野があります。これはどういう音楽なのでしょうか。

  • ナイロンボンバーズ、幻の名曲とは?

    90年代にはさまざまなロックバンドが存在しました。なかにはすでに忘れ去られてしまったバンドも少なくありません。そうしたなかで孤高の存在といえるのがナイロン・ボンバーズです。

  • CDは消滅するか?

    平成の終わりとともに、さまざまな終わりが叫ばれていますが、そのひとつに音楽CDがあります。CDというメディア自体は記録媒体として残ってゆくのかもしれませんが、そこに音楽が記録される行為はどの程度まで残るのでしょうか。

  • メディア論としてのK-POP

    K-POPは根強い人気のあるジャンルです。往年の90年代のJ-POP全盛期がいま、K-POPにおいて展開されているといっても良いでしょう。このK-POPに人が惹きつけられる理由は何なのか。その核心にメディア論的な視点から迫った本が金成玟による『K-POP 新感覚のメディア』(岩波新書)です。

  • アジア音楽の最前線を知る

    アジアの音楽というと、どういったものを思い浮かべるでしょうか。伝統的な楽器を用いたトラディショナルな民族音楽、あるいはDTMが全開のダンスミュージック、といった両極端なイメージがあるのではないでしょうか。そのどちらもアジアの音楽には存在します。あらゆる音楽を取り込んでゆく雑食性がアジア音楽の魅力だと言えるかもしれません。

  • 日比谷野音の使用料金は?

    日比谷野外音楽堂は、多くの音楽イベントが行われてきた場所です。さらに野外音楽堂と名前がついているだけあり、外に音が漏れ聞こえてくるため、チケットを取れなかったファンが「外聞き」をするために集まることもあるようです。

  • フィッシュマンズなぜ海外で受ける?

    インターネット上で、フィッシュマンズが海外で受けていると話題になっています。アメリカの音楽チャートで、世界中の音楽の中でトップ100に食い込む成績を残しています。フィッシュマンズと言えばヴォーカルでありフロントマンであった佐藤伸治が1999年3月15日に亡くなり、その後はゲストヴォーカルを迎えて維持されているバンドです。夏フェスなどではおなじみのグループだと言えます。

  • ウォークマンはソニーだけ?

    携帯型音楽プレイヤーは、どこにいても音楽が聴ける便利な代物です。現在はデータを入れたものを持ち運ぶ、あるいはストリーミングでスマートフォンなどで聴くという人が多いでしょう。

  • 唱歌の歴史を知る

    唱歌とはなんでしょうか。唱歌は、誰もが口ずさめる歌でありながら、時代を反映しているものがあったり、政治的なメッセージがあったりといった、さまざまな裏テーマが存在します。

1 / 6 1 2 3 4 5 最後 »