音楽・ミュージック

音楽好きの人におすすめの歌手、バンド、フェス情報などを紹介していきます。

  • CDは消滅するか?

    平成の終わりとともに、さまざまな終わりが叫ばれていますが、そのひとつに音楽CDがあります。CDというメディア自体は記録媒体として残ってゆくのかもしれませんが、そこに音楽が記録される行為はどの程度まで残るのでしょうか。

  • メディア論としてのK-POP

    K-POPは根強い人気のあるジャンルです。往年の90年代のJ-POP全盛期がいま、K-POPにおいて展開されているといっても良いでしょう。このK-POPに人が惹きつけられる理由は何なのか。その核心にメディア論的な視点から迫った本が金成玟による『K-POP 新感覚のメディア』(岩波新書)です。

  • アジア音楽の最前線を知る

    アジアの音楽というと、どういったものを思い浮かべるでしょうか。伝統的な楽器を用いたトラディショナルな民族音楽、あるいはDTMが全開のダンスミュージック、といった両極端なイメージがあるのではないでしょうか。そのどちらもアジアの音楽には存在します。あらゆる音楽を取り込んでゆく雑食性がアジア音楽の魅力だと言えるかもしれません。

  • 日比谷野音の使用料金は?

    日比谷野外音楽堂は、多くの音楽イベントが行われてきた場所です。さらに野外音楽堂と名前がついているだけあり、外に音が漏れ聞こえてくるため、チケットを取れなかったファンが「外聞き」をするために集まることもあるようです。

  • フィッシュマンズなぜ海外で受ける?

    インターネット上で、フィッシュマンズが海外で受けていると話題になっています。アメリカの音楽チャートで、世界中の音楽の中でトップ100に食い込む成績を残しています。フィッシュマンズと言えばヴォーカルでありフロントマンであった佐藤伸治が1999年3月15日に亡くなり、その後はゲストヴォーカルを迎えて維持されているバンドです。夏フェスなどではおなじみのグループだと言えます。

  • ウォークマンはソニーだけ?

    携帯型音楽プレイヤーは、どこにいても音楽が聴ける便利な代物です。現在はデータを入れたものを持ち運ぶ、あるいはストリーミングでスマートフォンなどで聴くという人が多いでしょう。

  • 唱歌の歴史を知る

    唱歌とはなんでしょうか。唱歌は、誰もが口ずさめる歌でありながら、時代を反映しているものがあったり、政治的なメッセージがあったりといった、さまざまな裏テーマが存在します。

  • カセットテープの魅力とは?

    カセットテープとは、CD以前の古いメディアといったイメージがあります。しかしながら、最近では新しい作品でカセットテープが発売されるなど、その存在価値が復権しつつあります。

  • クラブ再入場禁止なぜ?

    大音量で音楽がかかっているクラブは、都市型のおしゃれなスポットとして人気があります。お気に入りのクラブなどがある人も多いでしょう。最初は敷居が高いのですが、いざ入ってみると居心地の良さを感じる場合もあるでしょう。

  • 音楽と生活の関係を考える

    音楽と日常生活は、切っても切れない関係でしょう。さらにその時々の思い出に音楽が伴うこともあります。流行の音楽ばかりではなく、街中やテレビ番組など様々な場面で昔の音楽に出会うといった体験も多いでしょう。このように、音楽には多様な触れ方が開かれているといえます。

  • カセットテープを懐かしむ

    カセットテープは、現在ではほとんど姿を見ることはありません。しかし、かつてはメディアの王道でした。レコードが高かったため、レンタルしてカセットにダビングをしていたのです。その手法はラジオ番組の録音などにも使われました。さらにビデオデッキがない人は、どうしても好きな番組を手元に残しておきたいときに、カセットテープを用いていたようです。

  • 10インチレコードなぜ存在?

    現在、アナログレコードがブームであると言えるでしょう。ネット上のデータ配信によって音楽を聴くことが当たり前になった時代だからこそ、フィジカルなものとしてレコードに注目が集まっているのかもしれません。

  • 海外ではCDはあまり売られていない?

    皆さんが音楽を聴くフォーマットはなんでしょうか。音楽配信サービスが普及しているとはいえ、物としてのCDを手に入れたい人もいるのではないでしょうか。さらに最近ではカセットテープやアナログレコードでのリリースも増えてきています。しかし、これは日本だけに存在する価値観だともいわれています。

  • 小沢健二の空白期間を知る

    小沢健二は90年代にミュージシャンとして活躍し、その後単身アメリカのニューヨークへと渡ります。しかし、その後19年間にわたって沈黙をしていました。それはあくまでも、90年代と比べメジャーな音楽シーンに現れなかったという意味なのですが、ほとんどの人にとって小沢健二は消えた人であり、あの人は今、という状態であったかもしれません。

  • 春休みがフィッシュマンズを考えている

    1999年の3月15日に、一人のミュージシャンがこの世を去りました。わずか33歳で亡くなってしまったのはフィッシュマンズの佐藤伸治です。彼は、彼しか作れない音楽を生み出し、多くのファンを魅了しました。それは音楽を専門とするライターたちも同様です。

  • 3つの「夜空ノムコウ」

    2016年12月31日をもって解散したSMAPは多くの名曲を残しました。その中で、とりわけ強いインパクトがあるのが、1998年1月14日にリリースされた、27枚目のシングル「夜空ノムコウ」でしょう。

  • カセット再注目なぜ?

    アナログレコードのリバイバルブームが起きて久しいですが、それと同時にカセットテープにも注目が集まっています。これはなぜなのでしょうか。

  • レコードを「掘る」とは?

    中古レコードを探す行為を「掘る」といいます。「探す」「漁る」ではなく「掘る」です。なぜ、この言葉が使われるようになったのでしょうか。

  • レアグルーヴとは何か?

    音楽のジャンルをあらわす用語でレアグルーヴというものがあります。このレアグルーヴという言葉には広い意味があるようで、しっかりとレアグルーヴの内容を紹介できる人は少ないのではないでしょうか。

  • ソノシートの世界とは?

    かつて、ソノシートと呼ばれるメディアがありました。これは薄型のレコードというもので、プレイヤーに載せるとそのまま再生することができます。非常に薄いため雑誌や書籍に付録としてはさみこむことができ、さまざまな用途でソノシートが作られました。そうした用途のひとつがアニメなどの子供向けメディアの付録としてのソノシートです。

1 / 6 1 2 3 4 5 最後 »