幻の97年フジ・ロック、2日目のラインナップ

フジロックは1997年から続いている大型野外ロックフェスティバルです。日本に本格的なフェスティバルカルチャーを根付かせるきっかとなったフェスです。

初回開催となる1997年はさまざまな伝説を残しました。巨大台風が来襲し、1日目は荒天の中で行われるも、2日目は中止となったのです。その時、台風一過で快晴であったというのがなんとも皮肉です。しかしスキー場であった会場の床は、泥とゴミが入り混じった状態であったので、とても開催できるものではありませんでした。

このロックフェスはさまざまな課題を残しました。参加者は雨の中、Tシャツ、短パン、サンダル姿で参加し寒さに震えることになります。主催者も、シャトルバスの運営がうまくいかないといった問題を起こしました。


2日目がキモだった

フジロックは洋楽および邦楽から、絶妙なブッキングがなされていました。洋楽主体のフェスでもなく、邦楽主体のフェスでもない、まさにその時代、その時にロックといえるものを詰め込んだのです。

2日目の邦楽ラインナップには、布袋寅泰や、ルナシーのスギゾーといったメンツがピップアップされていました。彼らがどのようなパフォーマンスを披露していたのか、幻のステージを想像してしまいます。

フジ・ロック・フェスティバルは翌98年に東京湾岸で開催されたのち、現在まで続く新潟県の苗場スキー場へと移ることになります。

「伝説の1997年フジロックとは?」の詳細を調べる

    
コメント