アナログレコードはなぜ無くならないのか?

音楽の電子配信が普及した現在でもアナログレコードは数多くの作品が制作されています。中にはアナログレコード限定で発売される作品もあります。アナログレコードはなぜ無くならないのでしょうか?


CDより音が良い

スピーカーなど、しっかりしたものを用意すればアナログレコードの方が良い音が出せると言われています。その音にはあたたかみがあるという人もいます。

大きなジャケットでデザインを堪能

アナログレコードはジャケットが大きいので、ジャケットのデザインを堪能できます。CD発売以前の作品は、すべてアナログレコードで存在していました。アナログのジャケットをCDサイズに縮小したものなので、ジャケットのデザインを味わうならばアナログレコードというわけです。何も記載されていない無愛想なジャケットもアナログレコードの魅力という人もいます。

「モノ」を所収する感覚

デジタルデータはコピーが用意ですが、これを持っているという感覚が希薄になりがちです。安価に大量のデータを入手しても、すべて消費しきれないこともしばしばです。そのぶんアナログレコードならば、片面は30分程度しか収録できないのでひっくり返す必要があります。こうした不便さが、モノを所有し、取り扱っている感覚を得られるのかもしれません。最近では、アナログレコードには音楽のデジタルデータをダウンロードできるコードが付いている場合もあります。

「やっかいなクレームをつけられたときの対応マル秘術「壊れたレコード作戦」とは?」の詳細を調べる

    
コメント