オートリバース機能がなくなる?

ある世代の人以上にとってはカセットテープなおなじみのメディアでしょう。A面とB面といった区分けや、さらに編集も比較的用意であるため、オリジナルテープを作った思い出もあるかもしれません。

オートリバース機能がなくなる?

そんなカセットテープを聴くメディアとしては、カセットテーププレーヤーや、さらにはCDラジカセやコンポなどがあげられますね。このカセットテープを聴くためについていたオートリバース機能が、最近の新しい機械では失われつつあるようです。

どういうもの?

オーロリバース機能は、A面から再生したカセットテープを裏返すことなく、B面の再生をしてくれるものです。ほとんどの機械についていたものであり、便利というよりはなかば当たり前にあったものともいえるかもしれません。しかしながら、最近の機械にはそうした機能がついていないようなのです。

なぜなくなってしまった?

オートリバース機能はなぜなくなってしまったのか。部品の生産中止や製造コストの問題があげられるようです。もはやカセットデッキ自体を製造するのも難しいといった現状もあるようですね。しかしながら、カセットテープというのは扱いが便利であり、なおかつ、カセットテープにしか出せない味わいを持っているのも確かです。なくなってしまうのは惜しいメディアであるといえるでしょう。