ベストアルバムは望まれない?

ミュージシャンにとってベストアルバムとはどのようなものなのでしょうか。ヒット曲が多く入っているということもあって、聴く人、リスナー、ファンにとってはオトクな作品といったイメージもありますが、実はミュージシャンにとってはそれは決して、同じ思いではないようです。

勝手に出される

特にベストアルバムというのは、ミュージシャンの意思に反して会社側に勝手に出されることが多いようです。それは会社としては人気曲が入っているわけですから高い売上が望めることになります。しかしミュージシャンとしてはベストアルバムを出すならば、自分の新作を出して世に問いたいといった思いもあるでしょう。さらには、契約が切れたレコード会社から勝手に出されるといったこともあり、それは不本意な思いがあるようですね。さらには、ベストアルバムを何度も出すことによってファンがそれを買ってしまうといったことにも思いがあるようです。YMOがベストアルバムを出しながら、1曲だけ未発表曲やリミックス曲をつけているので、コンプリートしたい人はそれを目当てに買ってしまうと言ったものです。

本意ではない

さらに未発表曲は、それ相応の理由があって未発表になっているのだから世に出して欲しくないといった思いもあるようです。特に、クオリティに対して満足が言っていない作品が出てしまうことに対する理不尽さを感じているようです。ベストアルバムをめぐる是非、議論はこれからも続いていきそうですね。