DA.YO.NEの方言バージョン

90年代には多くのヒットソングが生まれました。CDが売れない今からすれば信じられないことですが、100万枚を超えるミリオンセラー作品が多く誕生しました。ミリオンセラーまで至らないものの、人々の耳に残るヒット曲も多くあります。その1つが「DA.YO.NE」でしょう。


ラップミュージック

「DA.YO.NE」は、EAST END×YURIのシングルです。ヒップホップユニットのEASTENDが、東京パフォーマンスドールの市井由理をヴォーカルに迎えた曲です。この曲は、多くの方言バージョンが作られたことでも知られます。

「SO.YA.NA」のメンバーは?

もっとも有名なものが大阪弁で作られた「SO.YA.NA」でしょう。名義はWEST END x YUKI from O.P.Dです。WESTENDのメンバーは、お笑い芸人として知られる今田耕司と東野幸治、YUKIは、大阪パフォーマンスドールの武内由紀子でした。

他の地方は?

さらに他の地方においても、北海道弁バージョンの「DA.BE.SA」が生まれました。東北弁バージョンでは「DA.CHA.NE」、名古屋弁バージョンでは「DA.GA.NE」、広島弁バージョンの「HO.JA.NE」、博多弁バージョンの「SO.TA.I」が生まれました。博多弁バージョンを歌っていたのは、お笑い芸人の博多華丸と、女優の板谷由夏でした。

「やっかいなクレームをつけられたときの対応マル秘術「壊れたレコード作戦」とは?」の詳細を調べる

    
コメント