「今夜はブギーバック」の衝撃

「今夜はブギーバック」はジャパニーズロックに残る名曲であるといえるでしょう、1994年3月に、小沢健二とスチャダラパーによって作られました。その後、多くのミュージシャンにカバーされていることはよく知られています。


2種類のバージョン

この曲には2種類のバージョンがあります。小沢健二がメインの「ナイスボーカル」バージョンと、スチャダラパーがメインの「スムースラップ」バージョンです。同時に発売された曲はあわせて50万枚を超える大ヒット曲となりました。

遊びの中から作る

この曲は、当時遊び仲間だった小沢健二とスチャダラパーによって作られました。遊びをしている中で「とにかく今この曲を作らなければならない」といった使命感の中で作られたようです。確かに「今夜はブギーバック」には90年代の、深夜の雰囲気がぐっと詰まっています。夜中にこっそりと聴くとなかなかハマる楽曲になっています。

裏カバー

この楽曲は多くのミュージシャンによってカバーされました。中には小沢健二とフリッパーズギターを結成していた小山田圭吾も含まれます。小沢健二の歌い方を揶揄したような歌声は「これはあてつけではないか?」とファンの間で憶測を呼びました。

「モーニング娘。の名前の由来」の詳細を調べる

    
コメント