昔のCDの価格は?

現在は、音楽は定額配信サービスが普及しています。個人ならば月額1000円程度を負担すれば音楽は聴き放題となります。もちろん、音楽を聴くための通信費はかかりますが、現在はワイファイ環境なども普及しつつあるので、音楽を聴くためのコストは限りなく低くなっているというのが現状でしょう。


驚きの昔のCDの価格

そこで十年一昔というわけではありませんが、CDの価格がいくらだったのかを考えてみましょう。邦楽のアーティストの場合は、シングルCDが1000円、アルバムが3000円という値段がひとつの基準になっていました。シングル曲はメインの曲と、カップリングの曲、そしてなぜだかカラオケ用の歌なしのトラックが収録されていました。対してアルバムは、シングル曲数曲を含んだ10曲程度の作品で構成されています。単純計算で割ってみるとシングルは一曲あたり、500円、アルバムならば300円程度になります。いまからすれば信じられない価格ですが、これらのCDが飛ぶように売れていた時代があるのです。なかには百万枚以上売れるようなミリオンセラーも連発されていました。

レンタルはどれくらい?

お金がない人はレンタルCDを利用していました。こちらの値段はシングルが100円、アルバムならば300円でした。それを、数百円のカセットテープにダビングして聴いていたのです。カセットはA面とB面があるため、またがってしまわないようにうまく収録する必要があります。残りの分数を自動的に検知してくれる機能がついたラジカセもありました。

「海外旅行先で売られている変なTシャツたち」の詳細を調べる

    
コメント