音楽産業で伸びているのはライブ

CDが売れない時代になったといわれています。現在はダウンロードでも音楽を手に入れることができます。さらに音質を問わないならば、動画サイトなどで無料で入手することもできます。著作権を無視した違法ダウンロードサイトもあります。


しかしライブは伸びている

それでは音楽産業全体がガタ落ちなのかといえば、そうではありません。ライブやコンサートといった分野は依然として伸び続けているのです。

考えてみれば当然のことです。実際に生身の音をリアルで体感するには、ライブやコンサートの会場に足を運ぶしかありません。もちろんライブ盤のCDといったものもありますが、生身の会場で味わう興奮と同じものを得られるかといえば疑問です。

行ったという証明

さらにライブは実際にその会場に足を運ばなければいけません。テレビ番組ながら録画しておけばあとから見ることができる。しかしライブは代替不可能なその場だけの楽しみであるのです。

そのため自分の中でもライブに実際に足を運んだということが大きな思い出となります。さらにCDならば流通などに関してコストがあるためミュージシャンその人に渡るお金が少ないという現状もある。しかしライブならば少なくともCDよりは本人に渡るお金があると意識することもできます。

音楽がそのものが持つダイナミズムが、CD不況の時代に再確認されたとも言えるでしょう。

「ビザ、国籍すら問いません!不法入国外国人賃貸マンション業騒動記!(1)」の詳細を調べる

    
コメント