海外ではCDはあまり売られていない?

皆さんが音楽を聴くフォーマットはなんでしょうか。音楽配信サービスが普及しているとはいえ、物としてのCDを手に入れたい人もいるのではないでしょうか。さらに最近ではカセットテープやアナログレコードでのリリースも増えてきています。しかし、これは日本だけに存在する価値観だともいわれています。


配信主体

海外での音楽の受容は、インターネットを通じて配信されたものを聴くスタイルが主流のようです。やはりフォーマットとしてのCDや、紙のジャケットは作るためにコストがかかりますので、配信が主体となっているのでしょう。これは、ある意味では仕方がないことであるともいえるでしょうが、日本人の感覚からすると、ちょっと物足りない気分になってしまいます。

物としてのCD

そのため、日本人が海外旅行へ行って、音楽CDを探そうとしてもなかなか見つからずに苦労したという経験がある人も多いのではないでしょうか。いわゆる物神性ともいえばいいのでしょうか、日本人にとって、物としてのCDが手元にあるだけで価値を感じられるのかもしれません。さらに日本のCDの場合は、初回特典でDVDがついてきたり、あるいは限定グッズがついてきたりといった、スペシャルな特典も多くあります。そうしたオマケの要素も楽しみにしている人が多そうです。

    
コメント