尾崎豊本当の人物像

4月25日は尾崎豊の命日として知られています。天才と呼ばれたシンガーは、1992年の4月25日に、わずか26歳の若さでこの世を去ります。


数多くの名曲

尾崎豊はその短い生涯の間に数々の名曲を作り上げたことで知られます。甘いバラード曲である「アイ・ラブ・ユー」や、学校生活への鬱屈した不満をぶちまけた「卒業」などは誰もが知るところでしょう。さらに「15の夜」も代表曲といえます。実際に尾崎豊の息子が15歳でこの曲をカバーして歌手デビューしたことも話題となりました。

過激な歌詞

尾崎豊の歌には過激とも言える歌詞が登場します。バイクを盗んだり、夜の校舎の窓ガラスを壊して回るといったものです。実際に尾崎豊が同じことをしていたかといえばそうではありません。バイクのエピソードは実体験といわれていますが、校舎の窓ガラスはフィクション、あるいは伝聞に基づくものです。それでも、尾崎と同じことを、ということで真似する人が現れ、本人は困惑していたとも言われています。

どんな人?

尾崎豊は手のつけられない不良少年だったかといえばそんなことはありません。実際はフォークソングや深夜ラジオなどを愛好する、おとなしい文化系の少年であったようです。さらに父親が自衛官であった関係で、社会問題にも目を向け、核問題などに言及した歌も残しています。

「やっかいなクレームをつけられたときの対応マル秘術「壊れたレコード作戦」とは?」の詳細を調べる

    
コメント