ロック・イン・ジャパン・フェスティバルがオールナイト開催をしないワケ

今年も、夏フェスのシーズンがやってきます。日本で開催される3大ロックフェスティバルといえば、フジロックフェスティバル、ロックインジャパンフェスティバル、サマーソニックの3つです。


フェスの住み分け

フジロックは洋楽主体、ロックインジャパンは邦楽主催、サマーソニックは洋楽邦楽織り交ぜた都市型ロックフェスとして知られています。それぞれのフェスはラインアップがそれぞれ確立されており、参加者の棲み分けができています。

さらに開催時間にも違いがあります。フジロックは、夜は朝までダンステントが出現し、サマーソニックも前夜祭が行われています。さらに宿泊ポイントも、フジロックではテントスペースがあり、サマーソニックも夜間に開放されているスペースもあります。しかしロックインジャパンだけは、朝から夜までしか開催がなされません。これはなぜでしょうか?

開催場所のせい?

ロックインジャパンフェスティバルがオールナイトで開催されない理由の1つは開催場所があります。

茨城県北部なので都心からのアクセスが抜群。高速道路を使えば1時間程度で到着してしまいます。そのため、宿泊施設を用意しなくても需要がないというものがあります。さらに、茨城は暴走族活動が盛んな場所。夜中に開催していると、暴走族が集まってしまうことも懸念されていたようです。

さらに、ロックインジャパンフェスは他のフェスに比べ高校生など若い人間の参加が多いことも影響しているようです。

    
コメント